動物学科

動物学科

理学部

「人間社会と動物たちとの新しい関係」を求め、 生物学・動物学の基礎から応用までを習得。

動物学科3つのポイント

自由度が高いカリキュラム。
動物について個人の興味に
応じて多角的に学べる
キャンパス内にさまざまな
野生動物が生息する、
優れた研究環境
実習設備が充実。いろいろな
小型哺乳類が飼育され、
珍しい標本を多数所蔵している

たくさんの家庭でペットが飼われている一方で、野生動物の被害により廃業する農家が出たり、固有の動物が絶滅したり、鳥インフルエンザなどの動物が媒介する病気が増えてきています。本学科では、こうした日本の状況を踏まえ、解剖学、生理学、生態学などの動物学の基礎を幅広く学習。「人間社会と動物たちとの新しい関係」を構築するため、動物資源学、動物保全学といった応用分野や各種の実習を通して、実践力のある人材の養成に努めています。

4年間の学びの流れ

動物学の基礎や生命倫理などを幅広く学ぶ

解剖や生理、遺伝といった動物に関する基礎科目のほか、化学や地学、パソコンの使い方などを学びます。高校で生物、化学、物理、数学を履修していない人のために入門科目も開講されます。

さまざまな実習で実践力を磨く

生化学などの専門科目に加え、実習科目で動物の研究方法について実践。野外での調査研究を中心とするか、飼育研究を中心に取り組むか、3年次以降に学ぶ方向性について考えます。

応用科目とゼミで分析・判断力を育成

動物生殖学など応用的な科目を学ぶことで、人の社会と動物がどのような関係をもっているのかを理解。
秋学期からは各分野の研究室に仮分属し、卒業研究の下準備を始めます。

自分で選択した分野で動物を究める

卒業研究のテーマは、基礎的なものから応用的な研究までさまざま。
研究対象となる動物も、哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫など、多岐にわたります。

学ぶ領域・分野

生化学

動物の体内に摂取された物質が、化学的、生物学的反応を繰り返し、組織の構築やエネルギー源となっていることを理解する。

動物生殖学

哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類など、さまざまな動物に おける性と生の特徴を、内分泌学的、生理学的、行動学的に学ぶ。

動物社会学

動物の社会性を、生態系内の進化の結果としての異種との棲み分け、同種内での個体間の行動を通してとらえ直す。
 

動物系統分類学

動物の各分類群における体の構造・特徴を知り、長い生命の歴史の中で、どのように進化してきたかを把握する。
 

動物遺伝学

古典遺伝学と、近年の分子遺伝学を理解するために基礎知識を整理し、生命現象としての遺伝の大筋をつかむ。

実験動物学

食品、医薬品など、ヒトの生活に動物が果たしている役割や、動物を扱う上での倫理観について理解する。

動物比較解剖学

体の基本構造を変化させる脊椎動物が環境に適応するための基本構造パターンを学ぶ ほか、進化の道筋を概観する。

動物保全学

生物多様性の保全の考え方を理解したうえで、希少種を守り生態系をよりよく維持する方法論を、事例を通して議論する。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 動物誌/動物生理学
動物比較解剖学
動物機能解剖学/動物遺伝学
情報リテラシー
パソコン演習
動物と人間
進化動物学1/進化動物学2
統計学/地史・古生物学
微生物学
生化学
  卒業研究Ⅰ・Ⅱ
専門科目 動物系統分類学 環境考古学/細胞遺伝学
植物系統分類学/環境地球化学
動物環境学/動物行動学
生態学/動物発生学/霊長類学
動物保全学/自然人類学
脊椎動物学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/比較免疫学
動物生殖学
動物生理・生化学実習
動物遺伝学実習
動物発生学実習
野外調査実習
動物解剖学実習
植生学/環境と情報/応用統計学
環境地質学/環境科学
寄生動物学/実験動物学
動物関連法規
動物資源育種学/動物社会学
動物生態学/集団遺伝学
動物病理学/動物学ゼミナール
動物実験・検査学実習
動物保全・育種学実習
教員養成
プロジェクト科目
  教養基礎演習
教職のための物理
野外実践指導実習Ⅱ
理科教材開発指導/授業実践演習
教職のための化学/教職のための生物
教職のための地学
専門関連科目 数学/化学基礎論
物理学基礎論Ⅰ/地学基礎論
化学基礎実験
物理学基礎実験
地学基礎実験
物理学基礎論Ⅱ  
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

松浦 輝尚
兵庫県立尼崎西高校出身

動物の研究者になる道筋を明確にしてくれた理大の学び。

 幼い頃から大の動物好き。動物の行動そのもの、さらには、なぜそうした行動を取るのかなどに興味津々で、当時からずっと研究者になるのが夢でした。それには、理大の動物学科しかない。そう考えて入学しました。

 特に印象に残っているのは、研究室でニホンザルのコミュニティの調査に同行したときのこと。ニホンザルの群れには社会的な秩序があり、序列がきちんと決まっています。ボスや、その他のサルたちのふるまいなど、グループの序列による行動を細かく観察できたことで、「動物を知りたい!」という気持ちが高まりました。

 卒業後は大学院に進学しますが、身体の代謝に関わるホルモンについての研究がテーマ。ホルモンは、生き物の行動に大きな影響をおよぼす鍵となる重要な物質です。哺乳動物だけでなく鳥や魚、昆虫など幅広い生き物を対象に、そうした研究に取り組んでいきたいと思います。

2014年3月卒業

堀瀬 捺穂子
岡山県立岡山一宮高校出身
ルーラルカプリ農場勤務(岡山県)

発生の仕組みを直接観察できて「わかった!」
出産や乳しぼりに詳しい「ヤギのプロ」が目標です。

  生き物が好きだった私にとって、大学の授業は驚きの連続でした。
動物発生学の授業では、受精卵の殻を少し割ったり、黄身をビーカーに移したりしてヒヨコになる様子を直接観察でき、さまざまな発見がありました。卒業研究の対象は、巻貝の一種イボニシです。3ヵ所の海で採取した約500のイボニシを調べ、環境汚染によるメスのオス化現象が、漁港で多く発生していることをつきとめました。

 現在はヤギ農場で出産の立ち会いや子ヤギの育成、乳しぼり、加工販売などを担当。ワクチンなどの使用を抑えた、自然に近い飼い方に努めています。大学で身につけた、自主的に調べる姿勢が役立っています。牧場の拡大やヤギの認知度アップを今後の目標にしつつ、販売先から「ヤギのことなら堀瀬さんに」と頼られる存在に成長したいです。

※在学生についての掲載内容は2021年3月時点の情報です。