経営学科

経営学科

経営学部

課題解決型プロジェクト科目でビジネススキルを養い、幅広い業界で活躍できる力を育む。

経営学科3つのポイント

企業とコラボすることで、
問題解決のプロセスを経験
マーケティング関連に
強くなれる多彩な科目が充実
ビジネスに不可欠な
データサイエンス科目が豊富

本学科では、大きな特色であるマーケティングとデータサイエンスの領域に加え、スポーツに関わるビジネスやアナリティクスを学習。「経営学コース」「ビジネスデータサイエンスコース」「スポーツマネジメントコース」の3コースを用意し、幅広い業界で活躍できる知識と技術を持った人材の育成をめざしています。そのため、企業と学生が連携する課題解決型プロジェクト科目「イノベーション・ラボ」で問題解決の力を培い、学生のビジネス力、企画力、データ分析力、価値創造力を高めます。

4年間の学びの流れ

各領域の入門科目で基礎を学ぶ

「経営学基礎」などの基礎科目と併せて、各領域の入門的専門科目を履修。社会を学び、経営を学ぶうえで必要となる素養を身につけます。基礎教養ゼミナールは全教員が担当し、きめ細かく指導します。

基礎から専門への積み上げで、大学での学びの応用力を培う

コースにわかれ、各コースの充実した専門科目、ビジネスやスポーツに関するデータ活用に必要となるデータ収集・分析の手法を学習。大学での学びの応用力を培うとともに、ビジネスに有用な英語力を身につけます。

イノベーション・ラボで実践力を磨く

企業や地域が抱える課題を、当該企業のマーケティング担当者や教員とコラボレーションしながら解決する、産官学連携の課題解決型プロジェクト科目「イノベーション・ラボ」に取り組みます。

卒業研究で、応用力に磨きをかける

マーケティングと戦略、データサイエンスと情報活用やスポーツビジネスとアナリティクスに関する領域を含め、3年次までに取り組んだ専門科目やイノベーション・ラボを基に、もっとも関心のあるテーマで卒業論文を作成します。

学ぶ領域・分野

マーケティングと戦略

優れた製品やサービスをつくり、販売するだけではなく、顧客が製品やサービスを使用する現場に注目し、魅力的な価値を提案したり顧客と一緒に価値を創造したりする理論と実践を学び、考察を深める。

データサイエンスと情報活用

ビッグデータという情報改革によってビジネスも市場も社会も、そのあり方が大きく変化している。競争で優位に立つことにつながるビッグデータ分析の意義と、経営目線でデータを収集、分析、活用する方法を実践的に学ぶ。

スポーツビジネスとアナリティクス

ビジネス×スポーツ、データサイエンス×スポーツをコンセプトに構成されており、実践的なスポーツサービスの仕組みづくりやスポーツ組織のマネジメントについて学び、スポーツのゲームの要素を、データを用いて多様な角度から分析する。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 経営学基礎
商学基礎
簿記基礎
経済学基礎
心理学基礎
法学基礎
    卒業研究Ⅰ・Ⅱ
ビジネスデータ基礎科目 経営情報基礎
統計学基礎
   
スポーツマネジメント基礎科目 スポーツマネジメント論
スポーツ統計学
   
経営学コース マーケティング論
ベンチャービジネス論
ミクロ経済学
公共政策
マーケティング戦略
サービスマネジメント
サービス社会システム
消費者行動
マーケティング・コミュニケーション
まちづくりと商業
経営戦略
経営組織
ファイナンシャルプランニング
簿記原理
マクロ経済学
国際社会と法
経済政策
国際経営
観光ビジネス
人的資源管理
財務諸表論
専門英語Ⅰ
専門英語Ⅱ
社会福祉と法
ビジネスデータサイエンスコース 情報リテラシー
データサイエンス入門
社会調査入門
ビジネスデータ分析
調査と分析
マーケティングデータ分析1
マーケティングデータ分析2
社会心理学
集団心理
意思決定論
マーケティング・モデリング
マーケティング・サイエンス
データサイエンスと分析
ITビジネス戦略
スポーツマネジメントコース   スポーツデータ解析
現代スポーツメディア論
スポーツキャリアデザイン
スポーツ社会調査
スポーツトレーニング論
スポーツコーチング論
スポーツマーケティング論
地域スポーツ経営論
eスポーツビジネス論
スポーツと地域イノベーション
スポーツデータ実践講座
スポーツ技術・戦略
スポーツ現場実習
演習 基礎教養ゼミナール   イノベーション・ラボⅠ・Ⅱ
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら
 

在学生・卒業生からのMessage

在学生(3年生)

山口 瑠璃
岡山県立倉敷天城高校出身

学びのフィールドは地域社会。 地元への貢献意識が高まった。

 マーケティングという言葉の響きに憧れ、本学に入学。イノベーション・ラボでは、企業とコラボできることに興味を持ち『学生が“社会にいいこと”をするラボ』に参加しました。ラボのフィールドは地域社会。倉敷市の小学校で、エコバッグづくりを通してSDGsの啓発を行う出前授業などを行いました。

 当日は、持続可能社会を実現することの意義や制作の手順を説明するなど、小学生を前に初めて人前に立って話すことを経験しました。かなり緊張しましたが、子どもたちが元気に取り組んでくれたおかげでスムーズに進行することができました。

 インターネット上で資金集めを行うクラウドファンディングも経験するなど、多彩な活動を行うことで、「地元にもっと貢献したい!」という気持ちが高まったと感じます。学外で意欲的に学べる環境に満足しています。

 

2017年3月卒業

鶴井 文子
岡山理科大学附属高等学校出身
株式会社読宣勤務(大阪府)
総合情報学部 社会情報学科卒業
※現・経営学部・経営学科

大学で培ったすべての力を支えに努力し、
トップクリエイターになる夢をめざしています。

 大学3年生のときに、広告代理店への長期インターンシップに参加して「宣伝の力」を実感。インターンシップ先の企業に就職しました。現在は、幅広い企業を顧客に、新聞折込チラシやWEB広告、看板広告などの制作物を企画する部署で営業を担当しています。
 
 業務内容は、大学時代に学んだことをダイレクトにいかせることばかり。実践的な授業を通して、すべての物事に対して深掘りして考える態度が身についたと思います。また、在学中は、韓国への語学留学に挑戦し、無人島キャンプを企画・実行するなどアクティブに活動。そんな経験すべてが大きな力になっていると感じます。
 
 将来的にはグローバルな広報に関わり“今までにない広告”を実現させるのが夢。業界誌に名前が掲載されるような、トップクリエイターをめざし頑張ります。

※在学生についての掲載内容は2022年3月時点の情報です。