経営学科

経営学科

経営学部

課題解決型プロジェクト科目を中心に、今の時代が求めるビジネススキルを磨く。

経営学科3つのポイント

企業とコラボすることで、
問題解決のプロセスを経験
マーケティング関連に
強くなれる多彩な科目が充実
ビジネスに不可欠な
データサイエンス科目が豊富

経営学科の大きな目的は、科学的手法を通じて経営学にアプローチすることで、幅広い視点から問題を捉え、解決できる人材を育成し社会に輩出することです。そのために、マーケティングとデータサイエンスを柱にした「科学(理論)」と、企業や地域との連携による「経験(実践)」との融合を追究する教育を実施します。本学科の3本柱は、「マーケティングと戦略」「データサイエンスと情報活用」「制度と文化」。企業と学生が連携する課題解決型プロジェクト科目「イノベーション・ラボ」で問題解決の力を培い、学生のビジネス力、企画力、データ分析力、価値創造力を高めます。これらの学びにより、法律や政策、地域や文化など経営の背景を理解し、新しい価値を創造できるマネジメント能力をもつ人材を育成するとともに、ビッグデータやソーシャルデータを収集・分析する情報活用能力を養います。

4年間の学びの流れ

各領域の入門科目で基礎を学ぶ

「経営学基礎」など10科目の基礎科目と併せて、各領域の入門的専門科目を履修。社会を学び、経営を学ぶうえで必要となる素養を身につけます。基礎教養ゼミナールは全教員が担当し、きめ細かく指導します。

基礎から専門への積み上げで、大学での学びの応用力を培う

16科目の経営に関する充実した専門科目や、「経営科学」や「データ解析システム」といった授業でデータ収集・分析の手法を学習。大学での学びの応用力を培うとともに、ビジネスに有用な英語力を身につけます。

イノベーション・ラボで実践力を磨く

企業や地域が抱える課題を、当該企業のマーケティング担当者や教員とコラボレーションしながら解決する、産官学連携の課題解決型プロジェクト科目「イノベーション・ラボ」に取り組みます。

卒業研究で、応用力に磨きをかける

マーケティングと戦略、データサイエンスと情報活用や制度・文化に関する領域を含め、3年次までに取り組んだ専門科目やイノベーション・ラボを基に、もっとも関心のあるテーマで卒業論文を作成します。

学ぶ領域・分野

マーケティングと戦略

優れた製品やサービスをつくり、販売するだけではなく、顧客が製品やサービスを使用する現場に注目し、魅力的な価値を提案したり顧客と一緒に価値を創造したりする理論と実践を学び、考察を深める。

データサイエンスと情報活用

ビッグデータという情報改革によってビジネスも市場も社会も、そのあり方が大きく変化している。競争で優位に立つことにつながるビッグデータ分析の意義と、経営目線でデータを収集、分析、活用する方法を実践的に学ぶ。

制度と文化

グローバル化の波が、企業経営や地域の産業構造に大きな影響を及ぼしている。地域固有の文化をはじめとする、さまざまな文化の魅力を味わいつつ地域の価値を世界に発信するために必要な分野を学び、研究する。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 基礎Ⅰ類 経営学基礎/商学基礎
経済学基礎/簿記基礎
    卒業研究Ⅰ・Ⅱ
基礎Ⅱ類 情報科学基礎
データ解析基礎
   
基礎Ⅲ類 社会学基礎/法学基礎
歴史学基礎
心理学基礎
   
専門教育科目 マーケティングと戦略 マーケティング論
小売マーケティング
企業論
ベンチャービジネス論
ミクロ経済学
マーケティング戦略
サービスマーケティング
サービス経営学
サービス社会システム
商品開発論/消費者行動
マーケティング・コミュニケーション
まちづくりと商業/経営戦略
経営組織
ファイナンシャルプランニング
ファイナンス戦略
簿記原理/マクロ経済学
アジアの産業と市場
国際経済論
国際マーケティング
マーケティング・リサーチ
観光ビジネス
人的資源管理
金融サービス
財務諸表論
リスクマネジメント
データサイエンスと
情報活用
情報リテラシー
社会調査入門
社会調査法
データ解析システム
行動計量学
経営情報/経営科学
プログラミング基礎
応用プログラミング
データサイエンス演習
経営システム
制度と文化
(社会と制度)
コミュニケーション論
市民生活と法
公共政策
現代のメディア/社会心理学
国際社会と法/経済政策
国際政治学
ジャーナリズム論
社会福祉と法/環境政策
制度と文化
(歴史と文化)
地域と伝統
世界地誌/地理学
日本の歴史
東南アジアの歴史
歴史資料解析
民俗学/アジアの考古学
現代論理学
中国の歴史
比較文化論
現代哲学
実践型ビジネス・
プログラム
英語・ICT・キャリア 実践キャリア学Ⅰ 実践キャリア学Ⅱ
ビジネス英会話Ⅰ・Ⅱ
情報活用と
ビジネスライティングⅠ・Ⅱ
演習科目 基礎演習・ラボ
演習・専門演習
基礎教養ゼミナール プロジェクト研究 イノベーション・ラボⅠ・Ⅱ

在学生・卒業生からのMessage

在学生(3年生)

村下潤
岡山県立笠岡高校出身

基礎から応用までしっかり学べ、 将来の自分が想像できるように。

 岡山理科大学は、岡山県下有数の総合大学。卒業生から先生方の面倒見がよいという評判を聞き、興味をもつように。ただ、マーケティングには興味があったものの、当時は明確な目標がないまま経営学科に進学しました。

 そんな私でしたが、1・2年次に経営の基礎をみっちり学び、3年次の「イノベーション・ラボ」では複数あるラボのうち「クリエイティブを形にするラボ」で活動し、大手代理店のクリエイターによる指導のもとで高校生向けの学部紹介パンフレットを制作。このように基礎から応用まで徹底的に学べるカリキュラムのおかげで、 将来の方向性を明確にすることができました。つまずいた時には、先生方が親身に相談にのってくださるのも、とても心強く感じました。

 個性豊かで、自分が今まで出会ったことのないような方々に出会えたことも大きな財産。型にはまっていた物の見方や考え方の幅が広がったと思います。
 将来は、時代の流れに対応できるクリエイティブな仕事に就き活躍したいです。

2016年3月卒業

山口 真輝
岡山県立総社南高校出身
岡三証券株式会社勤務(岡山県)

お客様の興味と企業動向を見つめて提案。
信頼につながる力を大学で身につけました。

  人と関わる仕事がしたいと考え、経営や情報などを多彩に学べる学科を選びました。企業戦略を学ぶ授業などで視野を広げ、卒業論文では「ファッション意識における流行と個性の両立」というテーマで執筆。周囲の協力を得て意識調査を実施し、未知なる領域を開拓するおもしろさや充実感を味わいました。

 証券会社を志望したのは、大切な資産に関わりつつ、スキルアップできるところに魅力を感じたからです。最初はお客様創りの厳しさを感じたものの、契約口座数などの目標達成を評価される本部長賞を1年目で受賞。
 
 大学で身につけた企業戦略の知識、発想力、プレゼン力などをいかし、電気自動車やAIなどの流行の銘柄も視野に入れつつ、お客様の志向と相性のいい提案を心がけて信頼につなげたいです。

 

※在学生についての掲載内容は2020年3月時点の情報です。