電気電子システム学科

電気電子システム学科

工学部

多様化する社会のニーズに 応えられるよう、新しい 電気電子技術の開発に 挑戦する技術者を育成。

電気電子システム学科3つのポイント

電気主任技術者認定校のため
資格取得の国家試験が免除される
専門性の高い4コースがあり
コース外の科目も柔軟に学べる
ものづくりに重点をおいた
導入科目を用意している

電気自動車、太陽光発電などのクリーンエネルギー、コンピュータネットワークによる情報共有を生活全般に行き渡らせるIoT(Internet of Things;モノのインターネット)、携帯電子機器による最先端サービスなど、電気電子分野は常に新時代を切りひらいています。社会の基盤となるだけに、多数の人材が求められている分野です。本学科は、新しい電気電子技術を学び、開発に取り組む技術者を育成。デバイスやコンピュータなど幅広い知識を習得できる4コースに加え、コース外も受講可能なシステムにより多様な関心に応えます。多くの卒業生が企業で新技術の研究や新製品の開発に携わり、大いに活躍しています。

4年間の学びの流れ

電気電子工学に馴染むための導入に触れる

「FEELプログラム」や「情報リテラシー」など、電気電子工学に親しむための導入科目に加え、高年次に配置された専門科目を習得するための基礎科目として、数学、物理学、回路系、情報系の講義や実習を履修します。

3年次のコース選択に向けて専門科目を履修

「電気電子工学基礎実験」「電気電子工学実験Ⅰ」などを通して、電気電子工学の幅広い分野を学びながら、3年次のコース選択に向けて各コースの専門科目も少しずつ履修します。学びながら「自分探し」をする重要な時期でもあります。

4つのコースから選択。より専門性を高める

「電気エネルギーコース」「電子デバイスコース」「コンピュータ・情報コース」「複合領域コース」に分かれ、各コースの専門科目と「電気電子工学実験Ⅱ」を学びます。分野を絞って専門的に学習しながら、他コース専門科目の履修も可能です。

指導教員がマンツーマンで卒業研究を指導

各コースの研究室に所属。指導教員が各分野のテーマに基づきマンツーマンで実施する卒業研究を通して、より高度な専門知識とともに、技術者・研究者として必要なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけます。

学ぶ領域・分野

電気工学

太陽光や風力など新エネルギーを利用した発電システムや燃料電池、また、ロボットや電気自動車に代表される電気・制御システムについて、理論と応用を学ぶ。各家庭での効率の良い発電の仕組み、地球温暖化防止などに向けたさまざまなエネルギー源の活用方法についても幅広く学ぶ。

電子工学

半導体の中の電子を操り、モバイル端末、ゲーム機、コンピュータなどを動かす元となる回路や素子について、理論と応用を学ぶ。集積回路、光素子、レーザー素子などに代表される電子機器の活用により、人間の視覚を超える情報の提供を可能にするセンサの開発など、豊かな暮らしを創造する電子技術についても幅広く学ぶ。

通信工学

高度情報社会の基盤となっているコンピュータネットワークや衛星通信などにおいて、電気信号が音声や画像を伝達する仕組みについて、理論と応用を学ぶ。携帯電話や地上デジタル放送、光ファイバーネットワーク、カーナビゲーションシステムなど、今の暮らしをさらに快適にしていく通信技術について理解する。

情報工学

コンピュータの頭脳となるプロセッサなどのハードウェア技術とこれらを作動させるソフトウェア技術をメインテーマとして、画像処理・信号処理システムについて、理論と応用を学ぶ。次世代テクノロジーの象徴である電気自動車、ロボット、家電などに使われているコンピュータシステムについても理解する。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 数学Ⅰ・Ⅱ/応用数学Ⅰ
物理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
FEELプログラム
情報リテラシー
コンピュータ実習
数学Ⅲ応用数学Ⅱ
電磁気学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
電気電子工学基礎実験
電気電子工学実験Ⅰ
電気電子工学実験Ⅱ 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
電気電子工学実験Ⅲ
機械工学概論
電気法規施設管理
専門科目 共通 電気回路Ⅰ・Ⅱ
コンピュータ工学Ⅰ
電気回路Ⅲ/アナログ回路
電気電子回路設計/通信工学
システム制御の基礎
電気電子計測
電子物性の基礎
プログラミング基礎
 
電気エネルギー
コース専門
  電気エネルギー発生工学 電気エネルギー変換機器
電気エネルギー伝送工学
パワーエレクトロニクス
制御工学
システム工学/ロボット工学
電子デバイス
コース専門
    電子物性工学/半導体工学
光・電気電子材料
電子デバイス工学
センサ工学/光・電磁波工学
マイクロ波工学
コンピュータ・
情報コース専門
  コンピュータ工学Ⅱ
ディジタル回路Ⅰ
数値計算/光情報工学
画像工学
コンピュータネットワーク
ディジタル回路Ⅱ
複合領域コース 工学部他学科の専門科目
専門関連科目 共通 情報と職業
情報化社会と倫理
化学基礎論Ⅰ・Ⅱ
工業デザイン
化学実験
電波法規
上級科目 共通 上級数学Ⅰ・Ⅱ    

在学生・卒業生からのMessage

在学生(4年生)

亀高 裕己
岡山県立倉敷天城高校出身

電気制御やプログラミングなど、学んできた知識を
地域社会に役立てていきたい。

 高校が普通科だったこともあり、電気について本格的に学んだのは入学してからです。1年次は基礎からしっかり学べたほか、幅広く電気電子工学分野に触れつつ、各研究室の内容を知ることができる「FEELプログラム」もあり、興味をもって学ぶことができました。もともとコンピュータが好きだったこともあり、2年次は「プログラミング基礎」や「コンピュータ工学」で、C言語でのプログラミングを学習。3年次は、電気エネルギーコースの授業を中心に学びました。

 課外では、サッカー部の活動に熱中。3年次にはキャプテンを務め、練習メニューの作成や試合の手配など、部の運営を通して幅広い人々とのコミュニケーションを経験しました。

 4年次の現在は、太陽光などのクリーンエネルギーについて研究する麻原 寛之先生のパワーエレクトロニクス研究室で、PWM -1電流制御型DC/DCコンバータにおけるスイッチング遅れの影響解析に取り組んでいます。身近にある電気機器の電源には、交流電力を直流電力へ変換したり、直流電力の中でもさまざまな電圧レベルを作成するための電力変換回路が含まれています。この種の回路動作について、コンピュータを用いて解析しています。スイッチングの膨大なパターンを試すので大変ですが、これまで研究されていないテーマなのでやりがいがあります。

 卒業後は公務員として倉敷市役所に就職します。施工管理の部署で、学んできた電気エネルギーの知識をいかしていきたいと考えています。

2018年3月修士課程修了

中須賀 浩二
広島県立三次高校出身
日本電産株式会社勤務(神奈川県)

幅広いと感じていた大学での学びをすべて、
新技術を生み出す技術開発に反映させています。

  電気は幅広い分野と結びつくことから、電気電子システム学科を選択。実験や実習を通して回路やプログラミング、半導体などとのつながりに多くの発見がありました。特に電気が雷に近い状態になる様子を確認するという、高校では経験できなかった高度な専門実験に感動。学部4年次にはモータの制御について、大学院では熱発電素子を用いて、工場などの廃熱から効率よく電力を得る電力変換回路について研究しました。現在、会社で取り組んでいるのは、モビリティ用インバータの研究と顧客ニーズに合わせた回路設計。幅広く取り組んだ大学での学びが今、すべていきています。新しい技術開発の成果が認められるまでには何年もかかりますが、自らの観点をいかした開発を続けたいです。

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。