建築学科

建築学科

工学部

建築の基礎から実践まで工学系のスキルに基づく多彩なカリキュラムで安全で快適な環境を築く。

建築学科3つのポイント

建築関係の官公庁や企業への
高い就職率
一級建築士の受験資格取得に
必要なすべての科目が履修できる
カリキュラム
耐震性能や快適環境研究のための
先端的実験設備

建築学とは、工学と芸術が融合した新たな文化を創造する学問です。地球環境の維持などの問題解決も視野に入れ、使う人、暮らす人の視点で多様なニーズに応える知識・技術の習得をめざします。学内施設を使った設計演習や環境、構造の実習など「自らの手で触れ、感じる教育」を重視します。建築士※の受験資格取得をカリキュラムでサポートしたり、希望の進路に応じて「建築工学コース」、「住デザインコース」の2つに分かれて専門性を高めるなど、実践的な学びが充実しています。

4年間の学びの流れ

建築学全般の基礎知識を身につける

建築を計画するプロセス、建築の工法、建築を構成する材料や設備など、建築全体についての概要を学びます。建築学において必要となる基礎知識であるため、専門科目のほとんどが必修科目となっています。チューターによる履修指導があるので、1年次から長期的な視野をもってカリキュラムを選択できます。

建築士受験指定科目を中心に基礎を固める

建築設計製図や建築計画に対応する計画系科目、建築環境工学や建築設備に対応する環境・設備系科目、構造力学や建築一般構造に対応する構造系科目などを履修します。建築は各分野の技術者が共同・連携してつくり上げるという観点から、他系統の知識も同時に深めます。

コースに分かれて専門性を深める

1~2年次で身につけた基礎をもとに、3年次では「建築工学コース」または「住デザインコース」に分かれ、専門性の高い知識や技術を習得します。いずれのコースでも実践的な科目が充実しています。自ら取り組んだ体験を通して、4年次の卒業論文・卒業設計や将来の進路につながるよう、専門性を深めます。

 

卒業論文・卒業設計で専門性を磨く

進路を視野に入れたテーマを選び、卒業論文・卒業設計に取り組みます。地域に密着した教育・研究も多いのが特徴です。少人数制なのできめ細かな指導が受けられます。建築分野の将来展望について考えるなど、実務に関わる授業も履修できます。

学ぶ領域・分野

建築計画

現代社会で変化する建築空間の在り方と利用者の要求を分析し、統合した建築をつくる基礎知識を習得する。

建築意匠

建築デザインを実践するうえで求められる技術、形態、素材などの基礎的知識や手法を実際の建築作品を交えて学ぶ。

建築環境

暖かさ、明るさなど五感で環境を良好に保ち、地球環境への負荷も少ない建築や、都市に必要な理論と設計法を学ぶ。

施工

建物の企画から維持管理まで各工事で使用する材料、工法、施工管理のポイントを、実地体験も取り入れながら学ぶ。

建築史

日本の建築史を中心に、建築の歴史的変化の理由を社会変動と比較。これからの建築や都市を文化として考える能力を学ぶ。

構造

建物自体の重さと地震や台風など、自然の力に対して安全な建物を設計するための理論と手法を、体感重視で学ぶ。

建築設備

建物と一体的につくられる建築設備をシステムとして捉え、環境に配慮した設備を設計するための理論と設計法を学ぶ。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 代数学Ⅰ・Ⅱ
解析学Ⅰ・Ⅱ

情報リテラシー
物理学Ⅰ・Ⅱ/統計学
     
専門科目 共通 建築概論 建築材料
建築法規
建築生産
測量学
設計演習Ⅳ-1・2
都市計画/西洋建築史
近代建築史
建築デザイン論/木質構造
耐震・耐風設計
技術者倫理
学外研修
エコロジカルデザイン
特別研究Ⅰ・Ⅱ
(建築工学コース)
構造計画
設計演習Ⅵ
環境工学演習
設備工学演習
建築経済・経営
(住デザインコース)
設計方法論
建築工学
コース
構造力学Ⅰ・Ⅱ
建築環境工学Ⅰ
設計演習Ⅰ

構造力学演習
建築設備Ⅰ
建築計画
日本建築史
設計演習Ⅱ・Ⅲ
住宅計画

構造力学Ⅲ・Ⅳ
建築環境工学Ⅱ
CAD/CG演習Ⅰ・Ⅱ
ハウジング
鋼構造
建築基礎構造
鉄筋コンクリート構造
建築構造材料実験
建築設備Ⅱ
設計演習Ⅴ-1・2
建築環境設計演習
建築設備設計演習
住デザイン
コース
環境デザイン
住宅デザイン論
住環境ユニバーサルデザイン
インテリアデザイン・色彩学
上級科目 共通 上級数学Ⅰ・Ⅱ    

在学生・卒業生からのMessage

建築をめざした原点かつ目標は、「人のためを想った建築」の実現。
快適で自由な住宅を提供します。

 高校生の頃から、美しい建物や街を良くする都市設計によって、人々に豊かで快適な生活空間を提供する建築家の仕事に憧れるようになりました。進学先を考えるにあたり、高校の先輩に相談したところ、地元にあり、就職率の高さやカリキュラムの豊富さ、自由な学風が魅力などという話を聞き、岡山理科大学を選びました。

 1年次から始まった「設計演習」では、まず基礎を重視すべきと考え、無難な設計に終始。ところが弥田 俊男先生の「最初だからもっと楽しく、いろんな形で冒険してみたら」との助言が凝り固まった先入観や既成概念の殻をやぶり、私の建築の原点である“住む人たちのことを考える設計”を追究するきっかけとなりました。

 また弥田先生は、建築設計事務所に所属していた経験から人的交流が広く、建築分野で活躍するプロを講師に招いた授業もあり、刺激を受けました。

 4年次からは弥田研究室に所属しています。ゼミのメンバー全員で参加した設計コンペ「ワンデーエクササイズ(岡山建築設計クラブ主催)」では、ある商店街を舞台に、生まれ、育ち、巣立ち、また帰ってくるという「多世代交流型」施設を提案して、優秀賞を受賞しました。

 卒業設計では、傾斜地にある動物園を計画地として設定し、住宅、幼稚園、高齢者施設と動物園が一体となることで、動物と人間とが共存して暮らせる施設を設計しました。卒業後はハウスメーカーに就職します。住む人たちを最優先に考える住宅を提供していきたいです。

在学生(4年生)

神保 桃子
岡山県立岡山一宮高校出身

建物完成までの調整は、施工管理の重要な役割。
完成に立ち会えて、感謝される仕事です。

  手を動かしてものをつくることの楽しさを建築に感じて入学しました。身近な建築物も、学んでみると知らないことばかり。特に建物の規格、社会背景と建築物の相関関係などに関心が高まりました。研究室で取り組んだのは、大学の最寄り駅を対象とした駅の再開発です。反対ホーム側と往来できるデッキなどを盛り込み、図面や模型を作成しました。現在の仕事は建築現場の施工管理です。女性が活躍している現場を見て刺激を受け、研究室の先生からの後押しもあり、決めました。施工業者の方々のスケジュール調整は重要な役割。「山口さんがいなかったら、できなかった」などと感謝されたとき、やりがいを感じます。新しい競技場の建設など、さまざまな仕事を経験して成長したいです。

 

2016年3月卒業

山口 美穂
岡山県立岡山一宮高校出身
大成建設株式会社勤務(東京都)

※在学生についての掲載内容は2019年3月時点の情報です。