建築学科

建築学科

工学部

建築の基礎から実践まで工学系のスキルに基づ<多彩なカリキュラムで安全で快適な環境を築く。

建築学科3つのポイント

建築関係の官公庁や企業への
高い就職率
一級建築士の受験資格取得に必要
なすべての科目が履修できる
カリキュラム
耐震性能や快適環境研究のための
先端的実験設備

建築学とは、工学と芸術が融合した新たな文化を創造する学問です。地球環境の維持などの問題解決も視野に入れ、使う人、暮らす人の視点で多様なニーズに応える知識・技術の習得をめざします。学内施設を使った設計演習や環境、構造の実習など「自らの手で触れ、感じる教育」を重視します。建築士の受験資格取得をカリキュラムでサポートしたり、希望の進路に応じて「建築工学コース」、「住デザインコース」の2つに分かれて専門性を高めるなど、実践的な学びが充実しています。

4年間の学びの流れ

建築学全般の基礎知識を身につける

建築を計画するプロセス、建築の工法、建築を構成する材料や設備など、建築全体についての概要を学びます。建築学において必要となる基礎知識であるため、専門科目のほとんどが必修科目となっています。チューターによる履修指導があるので、1年次から長期的な視野をもってカリキュラムを選択できます。

建築士受験指定科目を中心に基礎を固める

建築設計製図や建築計画に対応する計画系科目、建築環境工学や建築設備に対応する環境・設備系科目構造力学や建築一般構造に対応する構造系科目などを履修します。建築は各分野の技術者が共同・連携してつくり上げるという観点から、他系統の知識も同時に深めます。

コースに分かれて専門性を深める

1-2年次で身につけた基礎をもとに、3年次では「建築工学コース」または「住テザインコース」に分かれ、専門性の高い知識や技術を習得します。いずれのコースでも実践的な科目が充実しています。自ら取り組んだ体験を通して、4年次の卒業論文・卒業設計や将来の進路につながるよう、専門性を深めます。

卒業論文・卒業設計で専門性を磨く

進路を視野に入れたテーマを選び、卒業論文・卒業設計に取り組みます。地域に密若した教育・研究も多いのが特徴です。少人数制なのできめ細かな指導が受けられます。建築分野の将来展望について考えるなど、実務に関わる授業も履修できます。

学ぶ領域・分野

建築計画

現代社会で変化する建築空間の在り方と利用者の要求を分析し、統合した建築をつくる基礎知識を習得する。

建築意匠

建築デザインを実践するうえで求められる技術、形態、素材などの基礎的知識や手法を実際の建築作品を交えて学ぶ。

建築環境

暖かさ、明るさなど五感で環境を良好に保ち、地球環境への負荷も少ない建築や、都市に必要な理論と設計法を学ぶ。

施工

建物の企画から維持管理まで各工事で使用する材料、工法、施工管理のポイントを、実地体験も取り入れながら学ぶ。

建築史

日本の建築史を中心に、建築の歴史的変化の理由を社会変動と比較。これからの建築や都市を文化として考える能力を学ぶ。

構造

建物自体の重さと地震や台風など、自然の力に対して安全な建物を設計するための理論と手法を、体感重視で学ぶ。

建築設備

建物と一体的につくられる建築設備をシステムとして捉え、環境に配慮した設備を設計するための理論と設計法を学ぶ。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
基礎科目 共通 代数学Ⅰ・Ⅱ
解析学Ⅰ・Ⅱ

情報リテラシー
物理学Ⅰ・Ⅱ/統計学
     
専門科目 共通 建築概論 建築材料
建築法規
建築生産
測量学
設計演習Ⅳ-1・2
都市計画/西洋建築史
近代建築史
建築デザイン論/木質構造
耐震・耐風設計
技術者倫理
学外研修
エコロジカルデザイン
特別研究Ⅰ・Ⅱ
(建築工学コース)
構造計画
設計演習Ⅵ
環境工学演習
設備工学演習
建築経済・経営
(住デザインコース)
設計方法論
建築工学
コース
構造力学Ⅰ・Ⅱ
建築環境工学Ⅰ

設計演習Ⅰ
構造力学演習
建築設備Ⅰ
建築計画
日本建築史
設計演習Ⅱ・Ⅲ
住宅計画

構造力学Ⅲ・Ⅳ
建築環境工学Ⅱ
CAD/CG演習Ⅰ・Ⅱ
ハウジング
鋼構造
建築基礎構造
鉄筋コンクリート構造
建築構造材料実験
建築設備Ⅱ
設計演習Ⅴ-1・2
建築環境設計演習
建築設備設計演習
住デザイン
コース
環境デザイン
住宅デザイン論
住環境ユニバーサルデザイン
インテリアデザイン・色彩学
上級科目 共通 上級数学Ⅰ・Ⅱ    

在学生・卒業生からのMessage

気候や文化による建築物の違いや、空間づくりと賑わいの関係に興味。
海外での建築計画が次の目標です。

 子どもの頃から工作が得意で、廃材を使って友だちと秘密基地をつくるのに熱中。高校時代には、世界の気候と住環境の関連性に興味をもつようになり、建築学を学ぶきっかけのひとつになりました。

 入学後、もっとも感激したのは、海外での見聞と大学での学びが結びついたことです。2年次にヨーロッパ旅行に出かけ、世界遺産にも登録されているイギリスの大聖堂を見学。そこで目にした美しい採光と緻密なディテールにうっとり。そのときはまだ「美しい」と感じるだけでしたが、3年次に履修した「建築デザイン論」で、その大聖堂の歴史的背景や空間の演出、街のシンボルとしての影響力などについて学び、理解がより深まりました。同じく3年次の「都市計画」の授業では、海外で見た橋梁についての見識も得ました。

 4年次には建築計画学がテーマの馬淵 大宇先生の研究室に所属。空間の体験や疑似体験を、優れた建築計画に結びつけることを目的に研究しています。私は岡山駅前にある大型商業施設を対象に、エントランスの大きな吹き抜け空間による賑わい創出効果について考察。学生を対象に利用頻度、活気などについてアンケートを実施し、吹き抜け空間でのイベントが来店意欲に結びつくかを調査中です。こうした空間づくりの効果がわかれば、岡山全体に賑わいをもたらすヒントにもなると期待しています。卒業後は大手ハウスメーカーに就職します。海外での商業施設建築計画などで力を発揮できればと考えています。

在学生(4年生)

藤田 夢
愛媛県立宇和島東高校出身

バリアフリーやユニバーサルデザインで
岡山のまちを、福祉が行き届く環境に。

 新築した自宅について家族とさまざまな会話を交わしたことが、学科選びのきっかけです。多彩な分野の中からバリアフリーやユニバーサルデザインに最も興味をもち、学部と大学院を通して3つのテーマに取り組みました。1つ目は退院したがん患者が自宅に感じる不具合とその対策、2つ目は視覚障がい者が点字案内板に求める情報について。3つ目として取り組んだバリアフリーの研究では、企業と連携してつくった集合住宅の廊下を実験装置に、シルバーカーなどが受ける衝撃を解析しました。現在は法律や条例に基づき、建築物が適正に建築、保全されるよう確認・審査する業務を担当。今後、福祉のまちづくり条例を扱う部署に所属することがあれば、より住みやすいまちづくりをめざして大学で得た知識をいかしたいと考えています。

2016年3月修士課程修了

三宅 舞
岡山県美作県民局勤務(岡山県)

※在学生についての掲載内容は2018年3月時点の情報です。