国語教育コース

国語教育コース

教育学部 中等教育学科

どのような国語科教育分野にも対応可能な、 グローバルでアクティブな教員へ。

中等教育学科(国語教育コース)3つのポイント

国語科教育の全領域を
カバーするカリキュラム
英語との相対化により
「言語としての国語」を認識する
体験型授業を通して
コミュニケーション力を高める

守備範囲が広く汎用性の高い、どの国語科教育分野にも対応できる国語科教員の養成を行うため、現代文、古文、漢文という国語科の全領域を幅広く学び、効果的に教える手法を習得。中学校・高等学校教諭一種免許状(国語)の取得をめざします。また、英語教育コースとの共通科目を複数開講。英語との比較を通して「国語」を「言語」として捉えるグローバルな視点を養うとともに、学生が自主的に考えて行動する体験活動を盛りこむことで、アクティブな国語科教員を育てます。

4年間の学びの流れ

言語に対する分析的な視点を形成する

学びを通して「読む、書く、話す力」を養成。言語に対する分析的視点を形成します。
必修科目では学生自身が自発的に活動し、知識と経験の一体化、共感能力の向上を図ります。

日本語の総合力を高め、日本語検定に挑む

国語の研究を通して日本語の総合力を高め、日本語検定2級の合格をめざします。
さらには、読み書きの訓練やディベート(議論)を通して読解、スピーチ、傾聴といった力を伸ばします。

日本語の力を高め、指導力の向上をめざす

日本語学、日本文学、漢文学の教材作成力を高めながら、英語との比較を通して日本語の独自性を理解。
「国語科教育法」を通して模擬授業を行い、実践的な指導力の向上をめざします。

4年間の総仕上げとして、卒業研究を進める

研究室に所属し、それぞれの研究テーマに基づき卒業研究を進めて論文を執筆します。
中学校や高等学校での教育実習を実施し、教員採用試験などの就職に向けた取り組みも進めます。

学ぶ領域・分野

日本語学

語彙、文法、表現、音声などにポイントを 置き、日本語の特徴を学ぶとともに、背景 にある文化についても理解する。

日本文学

言葉の芸術である文学について、古典から 現代文学までの歴史的流れの中で理解を深め、教材としての意義も学ぶ。

漢文学

中国語(漢文)を、多様な時代の作品に触 れながら読解。実践的知識を学び、漢文教育の在り方について深く考える。

国語科教育学

実践的な学びを通して、中学校および高 等学校における国語科教員としての資質を高める。

カリキュラム(専門教育科目)

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目 教科に
関する科目
(国語)
日本語学概論
日本文学概論
漢文学概論

日本語文法
日本文学史
漢文学Ⅰ
日本語史
日本文学Ⅰ(古典)
漢文学Ⅱ
日本語表現
日本文学Ⅱ(近・現代)
書写・書道
国語科内容論A・B・C  
教職に関する
科目(国語)
  国語科教育法Ⅰ・Ⅱ 国語科教育法Ⅲ・Ⅳ  
教職に関する
科目
教職論
教育心理学
教育学原論
教育課程論
教育現場観察実習

学校経営
教育史
教育行政学
教育社会学

生徒・進路指導論
学習心理学
教育の方法と技術
教育相談の理論と方法
道徳教育の理論と方法
特別活動の理論と方法

教育実習事前・事後指導
 
教育実習Ⅰ・Ⅱ
教職実践演習(中・高)
教育実践に
関する科目
情報リテラシー
特別支援教育論
  ICT活用教育
総合的な学習の時間の理論と方法
国語科教材分析・開発演習
A・B・C

教育学演習(教育史)
教育学演習(教育社会学)
教育学演習(教育心理学)
国語科教育の内容と実践
 
グローバル教育
課題に関する
科目
国際理解教育概論 現代教育課題論
多文化コミュニケ-ション活動
国際比較教育論
現代教育課題研究
ESD理論と実践
比較言語文化論 シティズンシップ教育
現代社会と地域と子ども
体験・探究活動
に関する科目
探究ゼミⅠ
探究活動ⅠⅡA・ⅡB・ⅡC
現代人とことば
探究ゼミⅡ
教育ボランティアⅠ・Ⅱ
国語探究Ⅰ・Ⅱ
探究ゼミⅢ 卒業研究
教育研究ゼミナール
※卒業には124単位を修得(うち基盤教育科目より34単位)が必要です。
履修モデルはこちら

在学生・卒業生からのMessage

生徒に自信をもたせ導ける、理想の教員をめざして。

 卒業論文では、国語を取り入れたホームルーム活動をテーマに取り組んできました。朝の会のスピーチリレーなども、その一例。スピーチの内容をリレー形式でつなぐといった活動を実際に行うことで、話し手は話す力を、聞き手は聞く力を養えることを実感することができました。教員としての自信も持てるようになったと思います。

 卒業後は、中学の国語科教員に内定。これも、理大の体験的な授業や、しっかりしたサポートのおかげだと感じています。卒論の研究で手応えを得られたスピーチリレーなども含め、これまで培ってきた知識・技術を実際の教育の場で実践したいと考えています。

 私がめざすのは、伝説の国語教員である大村はま先生の著書にでてくる「仏様の指」のような先生。生徒の見えないところで必要な手助けをして、生徒が自分の力に自信をもって歩みだせるよう支援できる先生になりたいです。

在学生(4年生)

神原 結希
広島県立大門高校出身

※在学生についての掲載内容は2021年3月時点の情報です。