中等教育学科

中等教育学科

教育学部 中等教育学科

多彩な学びと多くの交流から 教育現場の即戦力となる教員へ。

中等教育学科3つのポイント

体験型授業を通して
コミュニケーション力を高める
ボランティア活動や留学といった
探究や体験を重視
ICT、アクティブ・ラーニングで実践的な指導力を養う

国語教育コース・英語教育コース・国際日本語教育コースの3つからなる中等教育学科。国語、英語、日本語の指導を通じて生徒の成長をサポートできる教師を養成します。3つのコースではそれぞれ中・高の国語科教育及び英語科教育、日本語教育に必要なすべての分野についてバランスよく学習。理解し、発信し、つながる「言葉の力」を確かなものとして身につけ、豊かでグローバルな言語感覚を持った「国語」「英語」「日本語」指導のエキスパートとして、生徒の学びと育ちを支える教員を育てます。

 

学ぶ領域・分野

日本語学

語彙、文法、表現、音声などにポイントを 置き、日本語の特徴を学ぶとともに、背景 にある文化についても理解する。

日本文学

言葉の芸術である文学について、古典から 現代文学までの歴史的流れの中で理解を深め、教材としての意義も学ぶ。

漢文学

中国語(漢文)を、多様な時代の作品に触 れながら読解。実践的知識を学び、漢文教育の在り方について深く考える。

国語科教育学

実践的な学びを通して、中学校および高等学校における国語科教員としての資質を高める。

英語学

英語学の基礎的な内容を学びながら、英語教育の現場で何が有用なのか、英文法や英語史の必要性などを考察する。

英語文学

文学が英語教育の基礎づくりに与える影響を意識し、作品を多角的に実証。人間そのものを理解する糸口にする。

日本語教育学

学習者が外国語としての日本語を確実に習得し、コミュニケーションを通して日本文化の理解を深めていけるよう、理論と実践の往還を図る。

異文化心理学

異文化交流で起こる問題と、その解決プロセスについて、心理学やコミュニケーション学 の理論を学ぶ。

英語科教育学

聞く・読む・話す(やり取り)・話す(発表 )・書くの5領域をバランスよく教える方法 や、授業でのICT活用について学ぶ。

在学生・卒業生からのMessage

論理的に教えられる先生をめざし 学びの意義を追究した大学生活。

中学生の頃から先生になりたいという夢を抱き、教員輩出数が多く、当時教育学部が新設されたばかりだった理大への進学を決めました。

「なぜ英語を学ばなければならないのか?」と問われた時に、自分なりの明確な答えを返せるよう、戦後と現行の学習指導要領を研究することで、答えを探しています。

理大は学生主体の授業が多く、自分から学ぼうとする姿勢が身につきました。
どんなささいな質問にも熱心に答えてくださる先生方のサポートのおかげもあり、卒業後は高校の英語教師として教壇に立ちます。

在学生(4年生)

津田 恵佑
島根県石見智翠館高校出身

※在学生についての掲載内容は2022年3月時点の情報です。