初等教育学科

初等教育学科

教育学部

現在の教育に必要とされる力を伸ばし、 小学校教育のエキスパートを養成。

初等教育学科3つのポイント

「探究ゼミ」など体験型授業で、 学生自らが学びを深める
理科の指導やICT活用など、
現代に必要な教育力を育成
ボランティアなどで多様な
コミュニケーション力を鍛える

本学科では、卒業単位内の履修で小学校教諭一種免許状を取得することができます。現在の小学校の現場で求められている「ICT(情報コミュニケーション技術)」を使いこなし、理科をきちんと指導できる教員を養成するほか、「探究ゼミ」や「探究活動」をはじめとするプロジェクト型の授業や演習が充実。ボランティアなども経験することで学生自身の「考える力」や「コミュニケーション力」を高め、全教科にわたる教育力を伸ばして小学校教育のエキスパートを育てます。

4年間の学びの流れ

各教科の内容論など基礎を習得

学校現場での経験が豊かな教員から、全教科の内容論のほか、教育心理や教育課程などの基礎を学びます。「探究ゼミⅠ」では、課題意識をもち最適解を見出す力を養います。

模擬授業や科学ボランティアなどを実践

各教科の特性に応じた指導法を学び、指導力の向上へ。教材分析力、教材開発力を習得したうえで模擬授業を実践し、科学ボランティアなどの活動を通して実践的な力を育成します。

年次に合ったテーマで「探究ゼミ」に臨む

「探究ゼミⅢ」では、2年間積み上げた学びをいかし、3年次にふさわしいテーマで探究する姿勢を培います。フィールド観察や実技教科の指導力を養い、小学校での教育実習に臨みます。

研究室に所属し、教育の多様な課題に取り組む

研究室に所属し、それぞれのテーマについて教員から指導を受けながら卒業研究を進めて論文を執筆し発表。同時に、教員採用試験など、就職に向けた取り組みも進めます。

学ぶ領域・分野

教育学

日本の教育について社会や時代の背景を踏まえながら客観的に捉え、課題や意義を理解する。学生自身でテーマ立てから結論までのプロセスを繰り返すことで、時代の変化にも柔軟に対応できるように学びを深める。

教育心理学

教育現場で起きるさまざまな事象を、心理学の観点から分析することで理解する。教材開発や教育方法などにも心理学的な観点を取り入れ、心理学で得た知見を実際の指導の場にいかすことで、指導力の向上を図る。

教科教育学

小学校教育の全教科についての内容や指導法のほか、小学校における授業の工夫、新たな教材開発の方法について理解する。学んだことを科学ボランティア活動、教育ボランティア活動などで実践し、学外の人々とも関わりながら深める。

カリキュラム

選択科目 選択必修科目 必修科目

  1年次 2年次 3年次 4年次
専門科目 教科・教職
(各教科)に
関する科目
初等社会科内容論
初等音楽科内容論
算数科内容論
初等国語科内容論
書写

初等体育科内容論
初等理科内容論
初等英語科内容論
初等家庭科内容論
図画工作科内容論
初等国語科教育法
初等理科教育法

生活科内容論
初等家庭科教育法
初等体育科教育法
初等音楽科教育法

初等英語科教育法
算数科教育法
生活科教育法
初等社会科教育法
図画工作科教育法
 
教職に関する
科目
教職論
教育心理学
教育現場観察実習(初等)
教育学原論
教育課程論(初等)

学校経営
教育史
教育行政学
教育社会学

学習心理学
教育の方法と技術(初等)
生徒・進路指導論(初等)
教育相談の理論と方法(初等)
小学校教育実習事前・事後指導
道徳教育の理論と方法(初等)
特別活動の理論と方法(初等)

小学校教育実習Ⅰ・Ⅱ
教職実践演習(初等)
総合的な学習の時間の理論と方法(初等)
教育実践に
関する科目
情報リテラシー
ピアノ奏法Ⅰ
・Ⅱ
特別支援教育論
教材分析・開発演習A(国・社・家)
ピアノ奏法Ⅲ
教材分析・開発演習B(算・理・生)
外国語活動の指導法
教材分析・開発演習C(音・図・体)
ICT活用教育
教育学演習(教育史)
教育学演習(教育社会学)
教育学演習(教育心理学)
理数教育の方法と実践
グローバル教育
課題に関する
科目
国際理解教育概論 現代教育課題論
多文化コミュニケ-ション活動
国際比較教育論
現代教育課題研究
ESD理論と実践
  シティズンシップ教育
現代社会と地域と子ども
体験・探究活動
に関する科目
探究ゼミⅠ
探究活動ⅠⅡA・ⅡB・ⅡC
探究ゼミⅡ
教育ボランティアⅠ・Ⅱ
探究ゼミⅢ
フィールド観察実習
卒業研究
教育研究ゼミナール

在学生・卒業生からのMessage

国際的な視野をもつ楽しさを伝えられる教員になりたい。

 “近くて遠い国”、韓国と日本との国際関係について研究しています。今現在、メディアで伝えられる日韓関係はけっして良好とはいえません。大学に入ってからは、実態とのギャップに疑問を感じて両者の関係に興味を持つようになりました。

 実際に韓国を訪れてみると、日本に対してポジティブな印象をもつ韓国人がたくさんいます。日本でも、若い世代を中心に、世界的スターを生み出しているK-POPやコスメ、ファッションなど、韓国に対して好印象をもつ人が増えてきていると感じます。両国の関係を学ぶことで、異文化に対する偏見や不理解が、溝を生み出しているのだと実感することができました。

 卒業後は小学校の教員となります。これまで培った、子どもたちに多様な文化を受け入れる視野の広さを伝えたい。そして、子どもたちと一緒に学びあえる教員になりたいと考えています。
 

在学生(4年生)

井手 孝子
熊本県立第二高校出身

※在学生についての掲載内容は2021年3月時点の情報です。