長期履修学生制度について

長期履修学生制度について

 「長期履修学生制度」は学位取得を目指している者のうち、仕事、育児や介護等の事情により、一般の学生に比べて研究・学習活動に制約がある者を対象に、審査の上、履修期間の延長や学費の分納等を認める制度です。 詳細については教務課にお問い合わせください。

長期履修制度の概要
対象となる研究科
本学全研究科の修士課程及び博士課程(後期)が対象です。
対象者
長期履修学生となることを希望できるのは、標準修業年限での修了が困難な次のいずれかに該当する場合 です。 ⑴ 有職者であって、職務上の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者 ⑵ 育児、介護等により、標準修業年限で修了することが困難な者 ⑶ その他特別の事情により、標準修業年限で修了することが困難であると学長が認めた者
長期履修期間
修士課程は4年、博士課程(後期)は6年が限度です。ただし、休学期間はこれに算入しません。
申請方法
長期履修学生制度を希望する場合は、指導予定教員と相談の上「長期履修申請書」「長期履修計画書」 「申請資格を証明する書類※」を作成し、下記の時期に提出してください。
①推薦入試、一般入試(前期)は1月末までに教務課に提出してください。
②一般入試(後期)は出願時に提出してください。
※申請資格を証明する書類は任意様式

 
審査方法
提出された申請書類等をもとに、所属予定の研究科で審査します。
納入方法
納入方法・納入例は2021年度大学院入学試験要項68ページ、またはこちらから確認してください。
担当窓口:教学支援部
TEL:086-256-8443(直通)