獣医学科一般入試後期日程

獣医学科一般入試後期日程

獣医学科一般入試後期日程

  • 概要

①獣医学科一般入試後期日程は学校法人加計学園が設置する3大学(岡山理科大学、倉敷芸術科学大学、千葉科学大学)が合同で全国12会場で実施する入学試験です。
②本学の第1志望学科、第2志望学科だけでなく他大学(倉敷芸術科学大学、千葉科学大学)の学科を他大学志望(第3志望)として出願することができます。
③個別学力検査2教科2科目と令和3年度大学入学共通テストのうち「英語(リーディング)」の得点の合計で判定します。

  • 出願資格

次のいずれかに該当する者。

  1. 高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び2021年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び2021年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び2021年3月31日までにこれに該当する見込みのある者

※学校教育法施行規則第150条1による「外国において学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者」については、入学の際に経費支弁関係の書類を追加で提出いただきます。
詳細は出願の前に入試広報部までお問い合わせください。
※学校教育法施行規則第150条7による大学における「個別の入学資格審査」による認定を受ける者は、32ページ「入学資格審査」を参照してください。
共通テスト利用入試は令和3年度大学入学共通テストで本学が指定した教科・科目を受験する必要があります。過年度の成績は利用できません。

なお、日本国籍を有しない者について、各入試区分の出願資格に加え、次の条件を満たす必要があります。
在留資格を持つ者又は入学時に在留資格を取得できる者。
各入試の出願資格に加え「日本語能力試験(JLPT)N1レベル以上」相当の日本語能力を有することが必要になります。
日本語能力を証明する書類 ①~④のいずれかのうち1通の証明書(原本)提出
①日本語能力試験(JLPT):N1以上
②日本留学試験(EJU)の日本語科目(読解、聴解・聴読解)の得点が350点以上
③実用日本語検定(J.TEST):A-Cレベル試験700点以上
④BJTビジネス日本語能力テスト:500点以上
※ただし、日本の高等学校に3年間在籍した場合、提出された日本の高等学校の調査書をもって日本語の能力を証明する書類とみなします。

 
  • 募集人員
募集人員を参照

 
  • 入試日程 


 
  • 選考方法
【共通テストプラス方式】
個別学力検査2教科2科目と令和3年度大学入学共通テストの「英語」(リーディングのみ)
獣医学科一般入試後期日程は個別学力検査各科目100点の2科目と令和3年度大学入学共通テスト「英語」(リーディングのみ)200点の合計400点満点で判定します。出題科目は、下表に示すとおりです。

※選択科目は、試験時に選択します。
 
  • 出題範囲

 
  • 四国獣医師養成奨学制度
本学卒業後、四国4県(愛媛、香川、徳島、高知)で「獣医師」として働くことを希望する学業成績優秀な方を対象に、四国獣医師養成奨学制度を設けます。この制度は、四国4県で活躍する獣医師の育成を目的に、1年次から卒業年次までの最大6年間、年間100万円の授業料の支払いを猶予する形で、修学を支援するものです。



■対象者
本学獣医学科卒業後、四国4県で獣医師として活躍することを強く志す者で、獣医学科特別推薦入試は❶~⑤、その他の対象となる入試は以下の❶~❸のすべてを満たす者
❶出身高等学校長等が、学業、人物ともに特に優秀であると認め推薦する者
❷四国4県の高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を2021年3月卒業見込みの者
❸書類提出日から遡って1年以上四国4県に在住している者
④高等学校の履修科目のうち、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B)と理科(物理、化学、生物のうち2科
目以上)または、これに準ずる科目を履修している者
⑤調査書の全体の学習成績の状況(評定平均値)が4.3以上の者
(注)獣医師確保のため自治体等が行う同種の修学資金の交付を受けている者、または受ける予定がある者は対象外となります。



■四国獣医師養成奨学制度 関係書類
・岡山理科大学獣医学部 四国獣医師養成奨学制度 申請書
・岡山理科大学獣医学部 四国獣医師養成奨学制度 推薦書
・志望理由書
※詳細は別紙「四国獣医師養成奨学制度リーフレット」をご確認ください。
ダウンロードはこちら
 
  • 提出書類
入学願書、調査書、令和3年度大学入学共通テスト成績請求票
※日本国籍を有しない者(日本語能力を証明する書類、在留カード(両面コピー))
※他大学(倉敷芸術科学大学、千葉科学大学)の学科を志望する場合は、他大学合否判定申請書[PDFファイル]
四国獣医師養成奨学制度志願者は、出願時に関係書類(入学者選抜要項47ページ参照)を同封すること。
 
  • 入学検定料
35,000円 (獣医学科共通テスト利用入試Ⅲとの複数同時出願により入学検定料割引制度が適用されます。)
 
  • 入試時間割
試験室入室完了 9時40分
個別学力検査 10時00分~11時40分
本学(岡山キャンパス・今治キャンパス)の開場時刻は8時40分を予定しています。他の開場時刻は9時00分を予定しています。

 
  • 基準点
獣医学科一般入試後期日程においては、基準点を設けています。基準点は各科目とも配点の10%で、1科目でも基準点未満であれば、合計得点に関係なく不合格となります。
 
  • 一般入試後期日程における第2志望制度と他大学志望
この制度は第1志望学科で不合格となった場合でも、第2志望学科の選択があれば、その学科で再度合否判定を行う制度です。
第2志望学科を志望する場合は、第2志望欄に学科を選択してください。第2志望学科の合否判定には、第1志望学科で受験した試験科目が適用されますので、科目の選択には注意してください。適用できない場合は、第2志望学科の判定はできません。
また、本入試では、本学の第1志望、第2志望の他に、共同で実施する他大学(倉敷芸術科学大学、千葉科学大学)の合否判定も行うことができます。他大学の合否判定を希望する場合、入学願書の「他大学の合否判定を希望する」欄にチェックを入れ、本学所定の「加計学園3大学合同入学者選抜 他大学 合否判定申請書」[PDFファイル]に大学名、学科名を記入し、出願書類とともに提出してください。
他大学における合否判定においても、第1志望学科で受験した試験科目が適用されますので、科目の選択には注意してください。適用できない場合は、他大学の判定は行いません。(「他大学 合否判定申請書」を提出し、他大学の判定を受けた場合は、判定を受けた大学の受験として取り扱います。)
※第1志望、第2志望で合格の判定を受けた場合は、他大学での合否判定は行いません。
※千葉科学大学の看護学部看護学科、危機管理学部航空技術危機管理学科パイロットコースは、他大学として選択できません。
 
  • 追加合格
1)合格者の入学手続き状況により欠員が生じた学科については、追加合格を行う場合があります。
2)合格発表後、所定の成績を収めた不合格者に対して、志望学科以外の学科へ追加合格の案内を行う場合があります。
・発表日翌日までに連絡がつかない場合は、いかなる理由があっても追加合格対象者の資格を失います。
・入学手続きに必要な納付金及び入学後の手続き期限等は他の合格者と同じです。
※追加合格及びその予定についての電話等によるお問い合わせには一切応じません。
 
  • 補欠合格
入学者選抜要項41ページ参照
 
  • 試験会場


試験会場案内図は入学者選抜要項123ページ以降を参照してください。
※出願者数が各受験会場の収容人数を超過した場合には、会場または受験地を変更して案内させていただく場合があります。選択した受験地(会場)が
変更になる場合は、受験票交付時にお知らせします。