受験生の方へ

トップ > 受験生の方へ > 「平成30年7月豪雨」「大阪府北部を震源とする地震」による被災地在住者の受験者に対する特別援助措置について

「平成30年7月豪雨」「大阪府北部を震源とする地震」による 被災地在住の受験者に対する特別援助措置について

 標記の災害による被災地在住の受験者に対し、つぎの要領で特別援助措置を実施します。

1. 特別措置の内容
    (1) 対象者
      両災害で災害救助法が適用された地域で被災されたことにより、家庭事情が急変し、大学等に
      進学する意思があるにもかかわらず、進学が困難となった平成31年度入学生(受験者、転・
      編入学を含む)を対象とします。

    (2) 援助内容  
      次表の内容を被災の程度に応じ免除します。具体的な免除方法は、個別に指示します。

被災程度援助内容
次のいずれかに該当する場合
 ・保証人(学費支弁者)が亡くなられた場合
 ・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が半壊以上、半焼以上あるいは
  流出した場合
○検定料・入学金全額免除
○年間授業料全額あるいは
  半額免除
次のいずれかに該当する場合
 ・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が一部損壊した場合
 ・保証人(学費支弁者)の居住する家屋が床上又は床下浸水の場合
○検定料・入学金全額免除

2. 申請方法 
次の書類を、各設置校に提出してください。
①災害による特別援助措置申請書 (所定様式)
②罹災証明書 (公的機関発行のものをご用意ください。証明書が出ない場合などについては、各設置校に相談してください)
③授業料の減免を希望する場合は、所得に関する証明書
   ※別途、大学等が指定する期日までに提出                 
(「岡山理科大学の自然災害による就学困難学生に対する授業料等減免措置に関する規程」別表2ロ号による <下表参照>)

【家計基準】
当該災害発生年の前年もしくは当年の収入金額いずれかが、次のいずれかに該当すること
・給与所得者である場合: 収入(支払)金額が841万円以下
・給与所得者以外の場合: 所得金額が355万円以下
   ※緊急時の取り扱いについては、各設置校の担当部署に相談願います。

④その他、診断書など被災を証明する書類


3.選考方法等
 被災の程度について書類審査を行い、その結果に基づき、学長が対象者を選定し、理事長が決定します。


4.その他
 既受験者のうち本特別援助措置の適用を希望する者については、学長の判断により本取り扱いを遡及して適用します。


【連絡先】
岡山理科大学 入試広報部
受験生ホットライン0800-888-1124 (直通)086-256-8415