入試情報

トップ > 入試情報

特別推薦入試[専願制]概要

■2017年度入試
 「2017年度入学試験要項」を必ずご確認ください。

 PDFは、こちらから

入試のポイント

特別推薦入試は、現在高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)に在籍する高校3年生で高等学校長が学業、人物ともに優秀と認め推薦する者を対象とする出願基準を設けた専願制の推薦入試です。公募制として、「普通科選抜」と「特定教科・科目選抜」の2種類の入試を実施します。また、「指定校選抜」「附属高校選抜」「関連校選抜」も併せて実施します。

出願期間(必着)入試日合格発表入試会場
2016年10月6日(木)~10月20日(木)
<10月20日(木)必着>
2016年11月3日(木・祝)2016年11月9日(水)
午前10時
岡山理科大学

募集人員

全学部合わせて263名程度
(全ての選抜を合わせた人数)
各学科の募集人員は2017年度入学試験要項でご確認ください。)


出願資格・出願基準

2017年3月に高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業見込みの者で、本学を専願とし、高等学校長が学業、人物共ともに優秀と認め推薦する志願者を対象とします。公募制選抜の成績出願基準は下記のとおりです。なお、指定校等の出願基準は在籍高校へ確認してください。

選抜の種類出願資格・出願基準
普通科選抜普通科を主とする高等学校・学科(中等教育学校の後期課程を含む)を2017年3月卒業見込みの者で、調査書の全体の評定平均値が3.4以上の者
特定教科・
科目選抜
下記に示す各学科が指定する教科・科目の調査書の評定(平均値)が4(4.0)以上の者。調査書の全体の評定平均値および高等学校等の在籍学科に基準はありません。
理学部応用数学科数学I、数学II、数学A、数学Bの4科目の評定平均値が4.0以上
化学科化学基礎、化学のいずれか1科目の評定が4以上
応用物理学科物理基礎、化学基礎、生物基礎のいずれか1科目の評定が4以上
基礎理学科数学2科目、数学1科目と理科1科目、理科2科目のいずれかで、2科目とも評定が4以上
生物化学科理科と英語の教科のうち、いずれか1科目の評定が4以上
臨床生命科学科コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語IIの2科目の評定がともに4以上
動物学科英語の教科の評定平均値が4.0以上
工学部バイオ・応用化学科化学基礎を含む、理科と数学の教科のうち2科目の評定平均値が4.0以上
機械システム工学科数学の教科の評定平均値が4.0以上、または物理基礎、物理のいずれか1科目の評定が4以上
電気電子システム学科数学の教科の評定平均値が4.0以上
情報工学科数学の教科の評定平均値が4.0以上
知能機械工学科数学の教科の評定平均値が4.0以上
生命医療工学科簿記・会計、数学活用を除く数学、科学と人間生活と理科課題研究を除く理科の教科のうち、1科目の評定が4以上
建築学科数学の教科の評定平均値が4.0以上、かつ英語の教科の評定平均値が4.0以上
工学プロジェクトコース数学または理科の教科のうち、1科目の評定が4以上
総合情報学部情報科学科数学の教科の評定平均値が4.0以上
生物地球学部生物地球学科地理歴史または英語の評定平均値が4.0以上、かつ理科の教科の1科目の評定が4以上
教育学部初等教育学科
【小学校教育コース】
国語の教科の評定平均値が4.0以上
中等教育学科
【国語教育コース】
国語の教科の評定平均値が4.0以上
中等教育学科
【英語教育コース】
英語の教科の評定平均値が4.0以上
経営学部経営学科英語、国語、地理歴史、公民のいずれか1教科の評定平均値が4.0以上

選考方法

①書類審査(調査書・推薦書)
②基礎的な学力試問
  基礎的な学力試問の科目:以下に示す科目について、筆記による基礎的な学力試問を行います。

学 部学科名基礎的な学力試問の科目試問と面接の概要
理学部応用数学科数学基礎的な学力試問を30分間行い、 その後面接を行います。
化学科/応用物理学科
基礎理学科
生物化学科
臨床生命科学科
動物学科
数学・英語
工学部全学科
工学プロジェクトコース
数学・英語
総合情報学部情報科学科数学
生物地球学部生物地球学科数学・英語
教育学部全学科国語・英語
経営学部経営学科英語



出願方法・合格発表・入学手続き・納付金・奨学金等の情報は、「入試基本情報」のページをご覧ください。