入試情報

トップ > 入試情報

入試広報部レポート⑥前期SB、B1、CⅡの合格発表から

全体概要

「前期SB、B1、センターCⅡ」の最終出願数は1,150名と昨年最終の1,118名に対して102.9%となりました。一般入試の「前期SB・B1」の最終出願数は817名と昨年最終の703名に対して116.2%、センター利用入試の「センターCⅡ」の最終出願数は333名と昨年最終の415名に対して80.2%となっています。一般:センター=71:29となり、昨年の一般:センター=63:37と比べ、「前期SA、SAB、センターCⅠ」と同様、一般入試の割合が高まりました。
2015年度入試の志願者合計は「前期SB、B1、センターCⅡ」を終えた時点で6,402名と、昨年最終の志願者数6,305名を上回り、6年連続の志願者増となりました。

県別志願者の多い順
「前期SB、B1」
1.岡山県 140(昨年118、昨年比119%)
2.広島県 119(昨年 85、昨年比140%)
3.兵庫県 109(昨年 98、昨年比111%)
4.愛媛県  50(昨年 46、昨年比109%)
5.福岡県  45(昨年 31、昨年比145%)

「センターCⅡ」
1.岡山県  39(昨年 64、昨年比 61%)
1.広島県  39(昨年 41、昨年比 95%)
3.兵庫県  35(昨年 54、昨年比 65%)
4.愛媛県  31(昨年 38、昨年比 82%)
5.島根県  22(昨年 19、昨年比116%)

【学部別概要】

「前期SB・B1」の志願者は 学部別にみると全ての学部で増加しています。総合情報学部では54名(昨年24名)で対前年比225.0%と大幅に増加し、次いで生物地球学部が156名(昨年115名)で対前年比135.7%、理学部が354名(昨年327名)で対前年比108.3%。工学部は253名(昨年237名)で対前年比106.8%でした。
減少となった「センターCⅡ」の志願者は、理学部が129名(昨年200名)で対前年比64.5%と大きく減少し、工学部126名(昨年149名)で対前年比84.6%、生物地球学部でも39名(昨年44名)で対前年比88.6%と減少しました。唯一総合情報学部が39名(昨年22名)で対前年比177.3%と大幅に増加しました。
本学のセンター利用入試は、CⅠからCⅢと進むにつれ科目数が減少するため、得意科目で挑戦でき、センター試験の一部科目の平均点低下の影響が軽微になると予測されていましたが、逆に影響が大きくなった感があります。

【学科概要】

「前期SB・B1」の競争倍率の高い順に学科を並べると、以下のようになります。
1.建築学科14.0倍(志願者42名、昨年40名、対前年比105.0%)
2.生物地球学科4.3倍(志願者156名、昨年115名、対前年比135.7%)
3.臨床生命科学科3.0倍(志願者57名、昨年48名、対前年比118.8%)
4.動物学科2.6倍(志願者45名、昨年43名、対前年比104.7%)
5.機械システム工学科2.2倍(志願者46名、昨年41名、対前年比112.2%)
これらの学科の「前期SB」の合格最低点は(200点満点中、第1志望合格者)、
1.建築学科 160点
2.生物地球学科 150点
3.臨床生命科学科 154点
4.動物学科 134点
5.機械システム工学科 119点
でした。

同様に「センターCⅡ」の競争倍率の高い順に並べると、以下のようになります。
1.建築学科4.7倍(志願者14名、昨年19名、対前年比73.7%)
2.臨床生命科学科3.5倍(志願者14名、昨年28名、対前年比50.0%)
3.情報科学科3.3倍(志願者23名、昨年14名、対前年比164.3%)
4.生物地球学科3.0倍(志願者39名、昨年27名、対前年比144.4%)
4.動物学科3.0倍(志願者12名、昨年21名、対前年比57.1%)

建築学科や生物地球学科といった今年の入試を通して志願者を集めている学科のほか、これまでの入試の入学手続き状況が良好なため、合格者数を絞る学科も出てきています。また、第2志望で転科合格を多く受け入れている学科もあり、後期入試に向けては、この「前期SB、B1、センターCⅡ」の競争倍率も参考にしてください。
志願者が昨年最終志願者数を上回った学科を、対前年比の高い順に並べると

1.建築学科      128% 志願倍率5.8
2.生命医療工学科   127% 志願倍率2.7
3.情報科学科     122% 志願倍率3.4
4.生物地球学科    121% 志願倍率8.8
5.機械システム工学科 116% 志願倍率5.0
6.動物学科      115% 志願倍率9.1
7.応用物理学科(物専)106% 志願倍率4.7
8.情報工学科     105% 志願倍率4.7
9.臨床生命科学科   103% 志願倍率4.7
9.知能機械工学科   103% 志願倍率2.3
※志願倍率は、志願者数を入学定員で除した倍率

【これからの入試】

現在、「一般入試後期、センターCⅢ(2科目型)」の出願受付[~3月16日(月)]をしています。一般入試後期は2科目型で、全学部・全学科・工学プロジェクトコース共通で、英語、数学、理科(物理・化学・生物)、国語のうち2科目選択(理科2科目は不可)となります。これらの入試は、入学手続納付金の納付期限が3月31日(火)ということもあり、国公立大学の後期日程の結果を見て、手続きのできる入試となっています。