入試情報

トップ > 入試情報

2017年度一般入試前期SA方式における入試ミスと対応について

2017年2月9日



2017年度一般入試前期SA方式における入試ミスと対応について
          
岡山理科大学  
学長 柳澤 康信
                             


 2017年2月1日に実施しました本学の一般入試前期SA方式において、当日、試験終了後に、下記の通り、入試ミスがあることが判明しました。

 受験生ならびに関係者の皆さまに、多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、今後は、再発防止に努めてまいります。


 

1.選抜区分の概要

(1)選抜区分 一般入試前期SA方式(1日目)
(2)試験実施日2017年2月1日(水)
(3)該当科目化学
(4)当該科目の受験者数418名
2.ミスの概要

「化学」において、(2)の正反応および逆反応の反応速度式を書かせる問題で、試験終了後、問題文からは〔 ア 〕および〔 イ 〕の反応速度式を導くことができないことが判明した。
また、(2)に関連する(3)の解答を導くことができないことも判明した。

3.当該ミスへの対応

当該試験の(2)の反応速度式に関連する〔 ア 〕と〔 イ 〕の問題および反応速度式から解答を導く(3)の問題を採点対象から外す。
ただし、配点を変更し100点満点とする。

4.文部科学省への報告等

文部科学省へは、入試ミス発覚直後に報告書を提出し、2017年2月7日に受理されています。

                         
以上