入試情報

トップ > 入試情報

2016年度一般入試前期SB方式・B1方式における入試ミスと対応について

                                              
平成28年3月4日



2016年度一般入試前期SB方式・B1方式における入試ミスと対応について
          
岡山理科大学
学長 波田善夫
                             


 2016年2月19日に実施しました本学の一般入試前期SB方式・B1方式において、当日、試験終了後に、下記の通り、入試ミスがあることが判明しました。
 受験生ならびに関係者の皆さまに、多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、今後は、再発防止に努めてまいります。


 


1.選抜区分の概要

(1)選抜区分 一般入試前期SB方式・B1方式
(2)試験実施日2016年2月19日(金)
(3)該当科目国語Ⓐ、国語Ⓑ
(4)当該科目の受験者数国語Ⓐ 72名
国語Ⓑ 22名
2.ミスの概要

「国語Ⓐ」「国語Ⓑ」と同一時間に行われた「物理」の問題文に補足説明があり、試験開始直後に板書をもって周知したところ、板書した「補足説明」の「補足」にあたる漢字を書かせる問題が「国語Ⓐ」「国語Ⓑ」の共通問題にあり、解答を誘導する結果となりました。

3.当該ミスへの対応

当該設問については全員正解(加点)とした上で、合否判定を行いました。

4.文部科学省への報告等

文部科学省へは、入試ミス発覚直後に連絡をとり、2016年3月3日に報告を終えました。

                         
以上