留学生・別科

トップ > 留学生・別科 > カリキュラム内容

カリキュラム内容

開講科目単位数
○日本語Ⅰ(文型・文法A)習熟度に分け、1年間日本語の文法構造並びに、運用能力が身につくよう指導致します。初級クラスでは文法構造などを学び、 コミュニケーションの場で実践的に使えるように指導を行っています。中級クラスにおいては、より高度な文法構造を理解し、 日本語能力試験(N2以上)に出題される文法を中心に学習します。
◎日本語Ⅰ(文型・文法B)
○日本語Ⅱ(聴解A)初級クラスでは、簡単な日本語表現が聞き取れるようになることを目標とした指導を行っております。 中級クラスでは、日本語能力試験対策授業を行っています。
○日本語Ⅱ(聴解B)
◎日本語Ⅱ(聴解C)
○日本語Ⅲ(会話A)初級クラスでは、文法の時間に学習した文型を使い、日本人と円滑にコミュニケーションがとれるように学習します。 中級クラスでは、口頭発表の練習もおこない、コミュニケーション能力の向上を図ります。
◎日本語Ⅲ(会話B)
○日本語Ⅳ(漢字・語彙A)漢字の読み方や意味を学習し、日本語の能力を高めます。また同時に、日本語能力試験対策もおこなっています。
○日本語Ⅳ(漢字・語彙B)
◎日本語Ⅳ(漢字・語彙C)
○日本語Ⅴ(作文A)日本語の文法運用能力が向上するよう、作文指導を行います。後期からは、小論文指導を行い、大学進学のための小論文対策授業を行います。
◎日本語Ⅴ(作文B)
○日本語Ⅵ(読解A)初級クラスでは語彙、文法などを確認し、読解能力の向上を図ります。また、中級クラスでは日本語能力試験の対策も行っています。
○日本語Ⅵ(読解B)
◎日本語Ⅵ(読解C)
◎日本語Ⅶ(試験対策A)日本語能力試験や留学試験の合格に向けた対策授業を行っています。
☆日本語Ⅶ(試験対策B)岡山理科大学へ進学するための数学基礎を1年間学びます。(23年度より開講予定)
◎総合学習岡山理科大学の先生に講義をして頂きます。この講義の目的は、大学で何を学びたいか、そして学んだ内容を将来にどう役立てるかを考えるために行います。
◎情報科学大学へ進学した際にパソコンを使いこなせるように、コンピューターリテラシーの授業を行います。