大学院

トップ > 大学院

大学院入学試験概要(博士課程)

大学院博士課程(後期)入学試験

■2016年度入試
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

岡山理科大学大学院博士課程(後期)では、本学の修了者のほか、他大学からの入学生を歓迎するとともに、外国人留学生や社会人の方にも広く門戸を開いています。

また、大学院生活の経済的充実を図り、勉学および研究に専念することを助成し、充実した学問の場を与えることを目的とした特待生制度を実施しています。

募集人員
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

研究科/専攻一般入試社会人
特別選抜
外国人留学生
特別選抜
理学研究科応用数学専攻4名若干名若干名
材質理学専攻9名
工学研究科システム科学専攻5名
総合情報研究科数理・環境システム専攻2名

各専攻で9月入学者を若干名を募集します。

入試日程
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

他大学からの志願者、社会人特別選抜の志願者及び外国人留学生の志願者は、出願手続きをする前に、志望分野の教員の指導が可能かどうか協議する必要があるので、願書受付期間開始日1ヶ月前までに入試広報部まで連絡してください。

●一般入試
  願書受付期間
(必着)
入試日合格発表入学手続試験地
一般入試2016年2月10日(水)
~2月24日(水)
2016年3月3日(木)2016年3月9日(水)2016年3月22日(火)本学

願書の窓口受付(本学出身者のみ):出願受付期間の平日(土・日・祝をのぞく)午前9時から午後5時。

●社会人特別選抜
  願書受付期間
(必着)
入試日合格発表入学手続試験地
9月入学対象
※1
2015年5月27日(水)
~6月11日(木)
2015年7月3日(金)2015年7月17日(金)2015年8月20日(木)本学
4月入学対象2016年2月10日(水)
~2月24日(水)
2016年3月3日(木)2016年3月9日(水)2016年3月22日(火)

※1 2015年9月入学の志願者対象
願書の窓口受付(本学出身者のみ):出願受付期間の平日(土・日・祝をのぞく)午前9時から午後5時。

●外国人留学生特別選抜
入試区分願書受付期間
(必着)
入試日合格発表入学手続試験地
外国人留学生
特別選抜
(A区分)
※随時入試
2015年4月8日(水)
~4月22日(木)【必着】
随時~
2015年5月29日(金)
【最終】
2015年6月5日(金)2015年7月31日(木)本学
または
海外会場
外国人留学生
特別選抜
(B区分)
※随時入試
2015年5月27日(水)
~6月11日(木)【必着】
随時~
2015年7月3日(金)
【最終】
2015年7月17日(金)2015年8月20日(木)
外国人留学生
特別選抜
(A区分Ⅰ期)
※随時入試
2015年7月20日(月)
~8月3日(月)
2015年9月5日(土)2015年9月18日(金)1次
2015年11月5日(木)
2次
2016年2月12日(金)
外国人留学生
特別選抜
(A区分Ⅱ期)
2015年11月2日(月)
~11月16日(月)
2015年12月中旬2015年12月21日(月)1次
2016年1月14日(木)
2次
2016年2月12日(金)
外国人留学生
特別選抜
(B区分Ⅰ期)
※1
2016年2月10日(水)
~2月24日(水)
2016年3月3日(木)2016年3月9日(水)2016年3月22日(火)本学

※1 外国人留学生特別選抜(B区分Ⅰ期)は在留資格を持っている方のみ受験可能です。
願書の窓口受付(本学出身者のみ):出願受付期間の平日(土・日・祝をのぞく)午前9時から午後5時。

選考方法
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

一般入試社会人特別選抜外国人留学生特別選抜
・英語※1
(60分・100点)
・口頭試問※2
・英語※1
(60分・100点)
・口頭試問※2
・書類審査
・口述試験
・筆記試験
(出願前に事前審査申請書の提出が必要です)

※1 応用数学専攻、材質理学専攻、数理・環境システム専攻は辞書持込可。ただし電子辞書は持ち込み不可。
※2 修士論文またはこれに代わるものについて、口頭試問を行い研究能力・研究発表能力を調べる。なお、プロジェクター等を使用する場合は、各自準備をすること。

試験会場
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

入試の種類試験会場
一般入試本学
社会人特別選抜本学
外国人留学生特別選抜(A区分Ⅰ期)(A区分Ⅱ期)本学、海外支局
外国人留学生特別選抜(B区分Ⅰ期)本学
出願資格
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください

入試の種類出願資格
社会人特別選抜【下記の①~⑥のいずれかに該当する者で、社会人経験3年以上を有する者を対象とします。但し、受験時に正規職員として勤務し、入学後もその身分を有し、所属長より許可を受けた者は、社会人の経験年数は問いません。】
①修士の学位又は専門職学位を有する者、及び2016(平成28)年3月に学位取得見込の者
②外国において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者、及び2016(平成28)年3月に取得見込の者
③外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者、及び2016(平成28)年3月に取得見込の者
④我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
⑤文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号)
⑥本大学院において個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者 外国人留学生特別選抜
(国内居住者対象)]【日本国籍を有しない者で下記の①~③の条件を満たす者】
①外国において、学校教育における16年の課程を修了した者、及び2016年3月までに終了見込みの者
②外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者、及び2016(平成28)年3月までに修了見込の者
③我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定する者の当該過程を修了した者
出願方法・入学検定料
2016年度大学院入学試験要項を必ずご確認ください。

●出願方法

1.郵送出願:本学所定の封筒を使い、必ず「簡易書留速達」で郵送してください。
2.持込出願:願書受付期間内に持込出願する場合は、入学検定料の振込を行い、出願書類を提出してください。
 受付時間は、平日(土・日・祝を除く)午前9時から午後5時です。

他大学からの志願者、社会人特別選抜の志願者、外国人留学生特別入試の志願者は、出願手続きをおこなう前に、志望分野の教員の指導が可能かどうか協議する必要がありますので、願書受付期間開始日1ヶ月前までに入試広報部までお問い合せください。(TEL.086-256-8415)

●出願書類

●印:必要 ▲印:任意 ×印:不要

出願書類一般社会人外国人注意事項
入学願書
(写真貼付)
所定用紙
写真貼付のこと。裏面に氏名を記入して貼付のこと。
必ず本人が日本語で記入のこと(履歴を含む)。
入学検定料35,000円 願書シートB票・C票を使用して窓口振込。
修了(見込)証明書または卒業証明書出身大学院において作成したもの。
一般入試、社会人特別選抜の出願資格⑤により出願する者は、修了証明書にかえて卒業証明書を提出のこと。
出身大学の学長又は学部長が発行したもの。
成績証明書学部および修士課程の成績を証明するもの。
最終出身校の成績証明書。
英語能力
証明書
×× TOEFLの最新の成績を提出することが望ましい。
English Speaking Country(英語圏)の大学院を修了した者については不要。
健康診断書××願書提出日前3ヶ月以内に医師が作成証明したもの。
発行日から3ヶ月以内のもの。(様式については問わない)
修士学位論文等
所定用紙
①.修士の学位又は専門職学位を有する者(取得見込みの者を含む)
ア. 本学大学院修士課程修了者
修士学位論文の要旨(A4版にまとめたもの)
(修士論文提出時の要旨のコピーでもよい)
イ. 他大学大学院修了者
修士学位論文の写し
②.①以外の者は、研究経過報告書(所定用紙)を提出すること。
なお、①②共に研究発表等の資料があれば、研究業績調書(所定用紙)に添付して、提出すること。
必ず本人が記入のこと。
推薦書
×所属長が作成したもの。【開封無効】
最終出身学校の長又は所属機関の長が発行したもの。
研究計画書
業績報告書
必ず本人が記入のこと。
入学後の学修及び研究計画の予定を作成すること。
受験許可書
所定用紙
××入学後、官公庁、企業、教育機関等の身分を有する場合は、所属長が作成した受験許可書を提出すること。
外国人登録原票記載事項証明書××日本国以外に居住している出願者は不要。

外国人留学生特別選抜受験者のみに該当する事項

(注)外国人留学生特別選抜の志願者は、上記の書類の他、2016年度大学院入試要項の巻末に志望理由書(日本語)、経費支弁承諾書が必要となります。
2016年度大学院入試要項の巻末にない所定用紙については、入試広報部に問い合わせください。
他大学からの志願者、社会人特別選抜の志願者及び外国人留学生特別選抜の志願者は、事前に2016年度大学院入試要項巻末の「事前審査申請書」を提出し、入試広報部まで連絡してください。

●受験特別措置

障がい等がある場合や急な事故・疾病等で、受験時に特別な配慮を希望される場合は、願書受付開始日1ヶ月前までに入試広報部(TEL.086-256-8415)までご連絡ください。なお事前に、入学後の就学・生活に支障がないか、建物施設、生活面について見学されることを推奨いたします。

入学金・学費等

本学大学院は、大学院生活の経済的充実を図り、勉学および研究に専念することを助成し、充実した学問の場を与えることを目的として、入学試験ならびに学部在学中の成績・人物等を総合的に考慮して優秀と判断された者を特待生として特典を与える特待生制度を実施しています。
特待生制度が適用されると、初年度ならびに2年目の年間納付金は55万円(社会情報専攻50万円)となります。

●修士課程
【理学研究科、工学研究科、総合情報研究科、生物地球科学研究科】
  入学年次2年次
 春学期
入学手続時
秋学期合計春学期秋学期合  計
入学金100,000----------100,000------------------------------
授業料400,000400,000800,000400,000400,000800,000
実験実習費
(社会情報専攻)
50,000
(25,000)
50,000
(25,000)
100,000
(50,000)
50,000
(25,000)
50,000
(25,000)
100,000
(50,000)
施設設備費
(社会情報専攻)
100,000
(75,000)
100,000
(75,000)
200,000
(150,000)
100,000
(75,000)
100,000
(75,000)
200,000
(150,000)

(社会情報専攻)
650,000
(600,000)
550,000
(500,000)
1,200,000
(1,100,000)
550,000
(500,000)
550,000
(500,000)
1,100,000
(1,000,000)
(   )は社会情報専攻

入学金は入学年度のみ徴収します。
修士課程の入学者について、本学学部出身者については入学金を免除します。

●博士課程
【理学研究科、工学研究科、総合情報研究科】
  入学年次2年次
 春学期
入学手続時
秋学期合計春学期秋学期合  計
入学金100,000----------100,000------------------------------
授業料400,000400,000800,000400,000400,000800,000
実験実習費50,00050,000100,00050,00050,000100,000
施設設備費100,000100,000)200,000100,000100,000200,000
650,000550,0001,200,000550,000550,0001,100,000)

入学金は入学年度のみ徴収します。
博士課程(後期)の入学者について、本学修士課程より本学博士課程(後期)へ進学する者については入学金を免除します。

●特待生制度

本学大学院は、大学院生活の経済的充実を図り、勉学および研究に専念することを助成し、充実した学問を与えることを目的として、入学試験ならびに学部在学中の成績・人物等を総合的に考慮して優秀と判断された者を特待生として特典を与える特待生制度を実施しています。特待生制度が適用されると、初年度ならびに2年目の年間納付金は55万円(社会情報専攻50万円)となります。

●入学辞退

入学手続き(前期納付金納入)を行った後に、やむをえない理由によって入学を辞退する場合は、所定の期日(3月31日)までに様式自由の「入学辞退届(署名捺印のこと)」と「納付金返還申請書」を提出した者に限り、入学手続き時に納入された入学金以外の春学期納付金を返還します。