大学院

トップ > 大学院 > 応用数学専攻(博士課程[後期])

【博士課程(後期)】応用数学専攻 2018年度

概要

 応用数学専攻博士練程〈後期)は修土課程に引き続き、諸学問の基礎となる数学について自立した研究ができ、そのさらなる発展に寄与できるとともに、多種多様の問題の解決に意欲を持った人材を育成しています。そのために、純粋・応用の両面の幅広くかつ高度な専門分野の研究を指導できる体制を整えており、中四国の数学・応用数学・情報数学の研究・教育活動のセンターの1つになっています。充実した指導教員の下で、学生諸君が数学とその諸問題への応用の研究に励むことを期待しています。

専任担当者および研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
代数学教 授池田 岳代数字系列では、整数論、代数幾何学(モジュライ空間論、等質空間論等)、及び表現論などの研究を行っている。
教 授浜畑 芳紀
准教授山田 紀美子
幾何学教 授山崎 正之幾何学は数学のあらゆる分野に浸透し、代数学、解析学との境界領域の研究が発展している。本講座においては、グラフ、群及び多様体上の幾何学や手術理論、リー群及びリー環の表現等を扱っている。
准教授黒木 慎太郎
准教授須藤 清一
応用解析学教 授大江 貴司Newton,Leibniz以来、解析学は応用と密接に結びついている。本講座では、純粋の解析学はもとより応用上も重要である関数方程式(常微分方程式、偏微分方程式、積分微分方程式等)を扱っている。
教 授長渕 裕
教 授田中 敏
情報数理学教 授澤江 隆一情報(データ)に関する数学を扱う。統計データを扱う計算機統計学、その理論である確率論等、広い意味での情報理論が含まれる。講座に属する研究者の研究分野は、確率論、確率過程論、偏微分方程式の数値解法、計算機科学、数理物理等多岐にわたっている。
教 授高嶋 恵三
准教授森 義之

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせて下さい。