大学院

トップ > 大学院 > 生物化学専攻(修士課程)

【修士課程】生物化学専攻 2018年度

概要

 生物化学専攻は、パイオサイエンスならびにパイオテクノロジーが時代と共に先端的な科学技術として重要性を増し、これに従事する人材の養成に対する要望が高揚する中で、本学理学部生物化学科を母体として、平成4年4月に開設されました。本専攻は、このような社会的要請に応えて、将来の科学技術者を適切に評価できる豊かな知識と、優れた独創的な研究活動の能力を供えた人材を育成することを目的としています。本目的を達成するために、生物化学科に所属する理学、工学、農学、医学、薬学の専門教員がそれぞれの専門領域の壁を取り払って、共同して新分野としての教育と研究を行える体制を整えています。

専任担当者及び研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
分子生物学教 授池田 正五遺伝情報の修復・維持及び発現調節機構の研究
教 授南 善子タンパク質の機能、代謝及び代謝調節についての研究
講 師河野 真二ゲノムの機能、代謝及び代謝調整に関する研究
生物機能科学教 授三井 亮司微生物代謝および関連する酵素を利用した物質生産に関する研究
准教授青木 宏之生物体微細構造形成における構成分子の自己組織化特性の役割
生体物質化学教 授大平 進生理活性物質の高選択的合成研究
教 授林 謙一郎生理活性物質の探索と作用機構に関する研究
准教授窪木 厚人化学法と酵素法を利用した生理活性物質の合成研究
応用生物化学教 授尾堂 順一疾病予防・治療を指向した生理活性金属錯体の応用研究
教 授汪 達紘環境因子の生体影響評価とその予防
講 師猪口 雅彦高等植物の分化・形態形成及び遺伝子発現調節機構の研究
講 師宮永 政光微量有害化学物質の環境動態と生物への影響に関する研究

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせて下さい。