大学院

トップ > 大学院 > 応用物理学専攻(修士課程)

【修士課程】応用物理学専攻 2018年度

 本専攻では、物質の性質を微視的な観点から研究する物性物理に加えて、原子核や荷電粒子線を用いた衝突現象を扱う量子物理、地球や惑星を構成する物質の構造や物性を解明する惑星科学や地球物性、光・赤外線天文学分野における天文観測機器の開発的研究などを中心に、物理学の基礎から応用までの幅広い領域をカパーしています。また、脳科学や細胞死、血流イメージングなどの分野へも物理的アプローチを展開しています。今日の産業界は、従来からのエレクトロニクス、新素材開発、情報科学の領域に加えて、医療工学の領域にも優秀な人材を求めています。そこで、これらの分野で活躍できる基礎知識と応用力をもった人材の育成をめざして、本専攻では日々の教育・研究に取り組んでいます。

専任担当者および研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
量子物理教 授金子 敏明荷電粒子と物質との衝突における電子励起の理論的研究
教 授宮川 和也ハイパー核およびハドロンの構造と反応の理論的研究
准教授今井 剛樹トポロジカル物質での新奇量子現象の党現機構に関する理論的研費
物性物理教 授米田 稔高機能半導体の開発研究と光電変換材料への応用
准教授山本 薫特異な強誘電性を示す有機伝導体の分光学的研究
宇宙地球物理教 授蜷川 清隆熱ルミネッセンスの地球・惑星科学への応用
教 授豊田 新電子スピン共鳴年代測定による古環境変動史の解明
准教授渡邊 誠位相揺らぎ補償光学系の開発研究と観測天文学への応用
医用物理教 授尾崎 眞啓血液透析における効率の評価法の研究
教 授川端 晃幸活性酸素・フリーラジカルによる細胞傷害機構と生体内金属
教 授畑中 啓作脳磁図を用いた脳機能の研究と臨床応用
准教授石田 弘樹コヒーレント光による流れの計測と血流イメージング応用
准教授堀  純也マイクロバブルおよび超伝導体の研究と生体計測への応用

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせて下さい。