大学院

トップ > 大学院 > 化学専攻(修士課程)

【修士課程】化学専攻 2018年度

概要

 本専攻は下記に記載された4系列で綿成されています。それぞれの研究室の研究内容は化学の基礎的な研究から応用研究さらには学際領域の研究まで多岐にわたっています。しかし教育の方針は共通しており、最先端の実験研究を通して学問の本質を理解し個々の経験と深く結び付けることにより知識や考え方を借り物でなく自分のものにすることをめざしています。したがって、本専攻の学生は研究室の研究活動の中心となって活躍し、在学中に必ず学会発表を経験します。また引き続き博士課程に進学し研究を継続することもできます。

専任担当者及び研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
有機化学教 授山田 晴夫固相反応場を利用した機能性分子の設計と合成
准教授若松 寛光反応の有機合成への応用と光機能性物質の開発
講 師岩永 哲夫新奇な電子構造を持つ芳香族化合物の創製とその機能化
無機・固体化学教 授満身 稔金属錯体に元基づく機能性材料の開発
教 授赤司 治夫生体関連金属元素を含むクラスター錯体の合成および
物性の研究
准教授坂根 弦太新しい機能性希土類元素・遷移金属錯体の合成と性質
准教授佐藤 泰史水溶液合成プロセスを用いた高純度フォトセラミックの作製とその高性能化
物理化学教 授酒井 誠生体試料の分子構造の機能解析
准教授高原 周一ナノ空間に閉じ込められた液体の運動性
講 師大坂 昇高分子材料の高性能化を目指した階層構造と物性との関係解明
分析化学教 授横山 崇分離・分析システムの設計
准教授山田 真路生体高分子の機能性素材への応用

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせて下さい。