大学院

トップ > 大学院 > 知能機械工学専攻(修士課程)

【修士課程】知能機械工学専攻 2018年度

概要

 急速に高齢化の進むわが国の社会的ニーズに応えるために、人に優しい、知能的な機械システム(知能機械)を創造し設計するために、ロポティクス・メカトロニクス、知能ロポット工学・ユニバーサルデザイン・福祉人間工学の知識・技能を持ち、物事を柔軟に思考・判断・表現しうる能力を備えた知能機械工学の高度な技術者・研究者の人材育成をめざします。また、プレゼンテーション能力育成のため、国際会議での英語による講演発表も積極的に行うように指導しています。

専任担当者および研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
知能ロボット
工学
教 授山田 訓ロボット制御の自律的学習アルゴリズムの開発に関する研究
教 授藤本 真作ロボットマニピュレータの知的制御に関する研究
講 師綴木 馴ガウシャンプロセスの統計力学的解析に関する研究
福祉人間工学准教授久野 弘明生体情報の計測と解析に関する研究
メカトロニクス教 授赤木 徹也ウェアラブルアクチュエータと制御機器の開発に関する研究
教 授松下 尚史メカトロニクス機器の開発とロバスト制御に関する研究
ユニバーサル
デザイン
教 授荒木 圭典数値シミュレーション技法とインターフェースの評価に関する研究
教 授松浦 洋司安全設計とユニバーサルデザインに関する研究

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせて下さい。