大学院

トップ > 大学院 > 建築学専攻(修士課程)

【修士課程】建築学専攻 2018年度

概要

 現代の建築は、自然環境との調和、地震への備え、C02削減を含む省エネルギー、歴史的・文化的遺産の継承と再生、超高齢社会への適応など、さまざまな課題に直面しています。本専攻は、これらの解決に実践的にとりくむことのできるアーキテクト、プランナー、エンジニアを育成することをめざします。本専攻では、建築の3本柱である、計画、構造、環境設備分野に分化して人材育成することを基本としますが、建築の設計・生産・運用という建築のライフサイクル全体を視野に入れ、地域性を活かした建築生産技術や建築全般にわたる幅広い知識を有するコーディネーターやエンジニアの人材育成を、もう一つの柱としています。

専門担当者および研究内容
系 列職 名氏 名研究内容
建築計画学教 授江面 嗣人歴史的建造物及び町並みの保存に関する研究
教 授後藤 義明住み続けられる住宅の性能要件に関する研究
教 授平山 文則設計における合意形成手法に関する研究
准教授弥田 俊男建築・都市における実践的設計手法の研究
建築構造工学教 授山崎 雅弘建築基礎構造の支持力メカニズムと設計法に関する研究
教 授中西 啓二鉄筋造及び鉄筋コンクリート造の耐震構造に関する研究
准教授小林 正美木造軸組構法の耐震設計・補強に関する研究
建築環境工学・設備工学教 授坂本 和彦省エネルギーを実現する設備システムに関する研究
准教授中山 哲士建築・都市環境システムにおける計画法と評価法に関する研究

教員によっては、学生の受け入れができない場合がありますので、出願に際しては、志望する教員にあらかじめ問い合わせてください。