学部

トップ > 学部 > [工学部概要]

工学部

バイオ・応用化学科|  機械システム工学科|  電気電子システム学科|  情報工学科
知能機械工学科|  生命医療工学科|  建築学科|  工学プロジェクトコース

学部長メッセージ
工学部へようこそ! 工学というのは、自然科学に関する研究成果を、「ものづくり」を通して日常生活へ還元するという、いわば、両者の架け橋ともいえる役割を担っています。工学に真摯に向き合ってこの橋を架けるには、世の中の暮らしを豊かで便利なものにしたい、そう願う意志こそが大切です。

 続きは.....




教育研究上の目的
工学部は、講義・実験・実習等を通して、ものづくりの理論と技術を身につけるととに、卒業研究等を通して先端技術・研究を体感し、地球的視野から多面的に物事を理解し判断し得る能力と倫理観を備えた技術者の養成を目的とする。
工学部

最近の主な就職先
NSD/富士通九州システムズ/三菱電機ビルテクノサービス/JCRファーマ/クラレ/大日本プラスチックス/関電エネルギーソリューション/ダイキン工業/積水ハウス/竹中工務店/大東建託/ミサワホーム中国/阿波製紙/日亜化学工業/永谷園/きんでん/中電工/新日鐵住金/神戸製鋼所/JFEスチール/中国電力/大阪大学医学部附属病院/大和ハウス工業/内海造船/大分県教員/愛媛県庁/高知県警察/姫路市消防局/西日本旅客鉄道など

最近の主な進学先
岡山理科大学大学院/茨城大学大学院/岐阜大学大学院/奈良先端科学技術大学院大学/岡山大学大学院/立命館大学大学院など

アドミッションポリシー
工学部では、「ひとりひとりの学生が持つ能力を最大限に引き出し、科学技術を通して社会に貢献し、人類の福祉に役立つ技術者を育成する」という教育理念のもと、講義・実験・実習等を通して、ものづくりの理論と技術を身につけるとともに、卒業研究等を通して先端技術や研究を体感し、地球的視野から多面的に物事を理解し判断し得る能力と倫理観を備えた技術者の育成を目指しています。
具体的に、
1.自然科学や情報技術等の基礎知識の修得とそれを応用し得る能力
2.専門領域の知識や技術の修得とそれを応用し得る能力
3.論理的な記述力・口頭発表力・コミュニケーション能力
4.社会人としての論理観に基づいて実社会で技術者としての責任を遂行する能力
5.要求や課題を分析し、与えられた制約の下で最適な解決方法を見つけ、計画的に仕事を進めていく問題解
  決能力や設計能力 
を養成します。
このような観点から、工学部では以下のような学生を求めています。
●求める人物像
・「夢づくり、ものづくり、自分づくり」に強い興味や関心がある人
・機械、電気、コンピュータ、情報、応用化学、バイオ、医工学、建築学などの工学分野で活躍したい人
・理科あるいは数学に関心を持つとともに、それらの応用に興味がある人
・好奇心に富み、何事にも積極的、自主的に取り込むことのできる人
●学んできてほしいこと
工学の基礎を理解するために必要な数学や理科(学科により異なる)の基礎を理解していることが必要です。詳細については工学部の各学科の「学んできてほしいこと」を参照してください。
 >>工学部各学科アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー
教育カリキュラムは、専門教育科目と教養教育科目で構成される。さらに専門教育科目は、工学部共通専門科目、各学科の専門科目、専門関連科目、卒業研究、上級科目、入門科目などから構成されている。
授業は講義と演習、実験・実習よりなる。
A. 1・2年次では、教養科目と専門基礎科目、専門関連科目などを通して幅広い教養と語学力、
   社会人基礎力、情報処理基礎力及び専門基礎となる知識・技能を身につける。
B. 3年次では専門科目を通して、それぞれの専門分野を深く学ぶ。
C. 4年次では、卒業研究とその発表や学会発表を通して専門分野の理解を深化させると共に、
   課題発見・解決能力、設計能力、記述力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、技術者
   としての自覚などを身につける。
D. 1〜3年次に配置される実験・実習と卒業研究により、専門分野における実践的技術を身につける。

 >>工学部各学科カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー
岡山理科大学のディプロマポリシーに基づき、工学部では教育目標に定める人材を養成するために、次に挙げる能力を身につけ所定の単位を修得した者に学士(工学)の学位を授与する。
A. 工学の基礎となる数学や自然科学及び情報技術の基礎知識と、それらを応用し得る基礎能力を身に
   つけている。
B. それぞれの専門分野における基礎的及び専門的知識・技術と、それらを応用し得る基礎能力を身に
   つけている。
C. コミュニケーションを図って国際化社会に適応するための基本的な知識・技能や語学力を身に
   つけている。
D. 要求や課題を分析し、与えられた制約の下で最適な解決方法を見つけ計画的に仕事を進めていく
   問題発見・解決能力や設計能力の基礎を身につけている。
E. 研究内容などを整理し他人に伝えるための論理的な記述力と口頭発表力の基礎能力を身に
   つけている。
F. 社会の仕組みを理解し、社会人としての倫理観に基づいて実社会で技術者としての責任を遂行する
   基礎能力を身につけている。

学位授与 : 学士(工学)
 >>工学部各学科ディプロマポリシー