学部

トップ > 学部 > [ 生物地球学部概要 ]

生物地球学部

生物地球学科

学部長メッセージ
平成24年4月に岡山理科大学の4番目の学部として生物地球学部が発足し、今年初めての卒業生が社会へ巣立ちました。また、大学院には生物地球科学研究科が開設され、学部と大学院の一貫した教育システムも実現しました。生物地球学部では、フィールドワークを通して自然の不思議やすばらしさに出会い発見する機会を多く持ち、自然の多様な姿を五感でとらえ学ぶことを目指します。「自然のしくみを探究する」自然科学の基本がここにあります。対象は宇宙から地球の成り立ち、地上の生き物、さらには   続きは.....



教育研究上の目的
生物地球学部は、フィールドワークを主要な教育・研究方法とし、自然のしくみ、自然環境の変遷、人間と環境の関わりの歴史に関する幅広い知識を習得させ、複雑な社会ニーズに応えうる人材の育成を目的とする。
生物地球学部

最近の主な就職先 (※総合情報学部生物地球システム学科の実績)
岡山県青少年教育センター閑谷学校/岡山県森林組合連合会/岡山県青年館/国際自然大学校/人と科学の未来館サイピア/愛媛県庁/徳島県庁/まんのう町役場/法務省高松矯正管区/独立行政法人水資源機構/エイト日本技術開発/ジオ・コミュニケーションズ/日本メンテナスエンジニヤリング/三友土質エンジニアリング/環境科学設計/山陽薬品/旭化学工業/トランス・コスモス/ミキハウス/福田種鶏場/津安芸農業協同組合/鳥取いなば農業協同組合/福岡大城農業協同組合/岐阜県教員/香川県教員/高知県教員/神戸市教員/自衛隊/岡山県警察/兵庫県警察

最近の主な進学先 (※総合情報学部生物地球システム学科の実績)
岡山理科大学大学院/神戸大学大学院/岡山大学大学院/高知大学大学院/九州大学大学院/大阪市立大学大学院など

アドミッションポリシー
生物地球学部では、建学の理念のもと、宇宙・地球・多様な生命に対してフィールドワークを主要な研究教育・研究方法とし、自然の仕組み、自然環境の変遷、人間と環境のかかわりの歴史に関する幅広い知識を習得し、複雑な社会ニーズに応えうる人材の養成を目指している。20 世紀においては、高度産業・情報化社会は快適な生活の実現をもたらしたが、一方では地球温暖化、生態系の破壊、資源の枯渇、廃棄物の累積などの問題をも増大させてきた。このような状況から、豊かなフィールドワークの経験を通して、学生個人が解決すべき課題を発見し、その問題解決を図ることができる人材の養成を目指している。
このような観点から、生物地球学部では以下のような学生を求めている。
●求める人物像
・自然の仕組みや変遷、環境問題および自然と人間との関わりについて強い興味や関心がある人
・生物学、古生物学、地球科学、天文学および地理・歴史学に興味をもつ人
・自然科学について広く基礎的な知識を備えており、これらを総合的に判断し、思考することができる

・フィールドワークを伴うので、自主的に活動し、責任ある行動が可能な人
●学んできてほしいこと
・高等学校で、数学、理科および地理歴史などの幅広い分野の基礎的な内容を学び、自然や社会への関
心をはぐくんでおくこと。
 >>生物地球学部学科アドミッションポリシー

カリキュラムポリシー
野外調査実習などの実験実習科目を教育課程の中心に据えて、豊かなフィールドワーク経験から、解決すべき課題を発見し、その問題解決を図る能力を修得させる。詳細については生物地球学科の「カリキュラムポリシー」を参照のこと。
 >>生物地球学部学科カリキュラムポリシー

ディプロマポリシー
生物学・地球科学を大きな柱とし、農学・地理学・考古学・天文学・古生物学を含めた、幅広い視野から、宇宙・地球・そこに生きる植物・動物、そして人間を総合的に捉えることができる知識を身につける。
詳細については生物地球学科の「ディプロマポリシー」を参照のこと。
学位授与 : 学士(理学)
 >>生物地球学部学科ディプロマポリシー