大学紹介

トップ > 大学紹介 > 情報公開 > 沿革

沿革

昭和39年(1964)岡山理科大学理学部応用数学科、化学科を設置。
昭和41年(1966)理学部応用化学科、応用物理学科を増設。
昭和44年(1969)理学部機械理学科、電子理学科を増設。
岡山県真庭郡川上村上福田に蒜山研究所を開設(12月)。
昭和46年(1971)電子計算機を導入し、情報処理センターを設置(2月)。
理学専攻科応用数学専攻、化学専攻、応用化学専攻、応用物理学専攻の4専攻を設置。
昭和48年(1973)理学専攻科機械理学専攻、電子理学専攻の2専攻を増設。
昭和49年(1974)大学院理学研究科修士課程化学専攻、応用物理学専攻の2専攻設置。
昭和50年(1975)理学部基礎理学科を設置。
昭和51年(1976)理学部応用数学科に数学専攻と情報専攻の2専攻を設置。
昭和53年(1978)大学院理学研究科博士課程(後期)材質理学専攻を増設。
昭和54年(1979)大学院理学研究科修士課程機械理学専攻、電子理学専攻の2専攻を増設。
水質管理センターを設置(6月)。
昭和55年(1980)大学院理学研究科修士課程応用数学専攻を増設。
理学部応用化学科に応用化学専攻、環境化学専攻の2専攻を設置。
昭和57年(1982)理学部 電子理学科に電子物性専攻、情報・システム専攻の2専攻を設置。
昭和58年(1983)大学院理学研究科博士課程(後期)システム科学専攻を設置。
昭和59年(1984)健康管理センターを設置。
低温施設を設置。
昭和61年(1986)岡山理科大学工学部応用化学科応用化学専攻・開発化学専攻,機械工学科機械基礎工学専攻・産業機械工学専攻、電子工学科電子工学専攻・情報・システム専攻を設置。
分析センター、工作センター、中央研究センターを設置。
広島県双三郡三和町に三和研修所を開設(9月)。
昭和62年(1987)大学院理学研究科博士課程(後期)応用数学専攻を増設。
昭和63年(1988)理学部生物化学科、大学院理学研究科修士課程総合理学専攻を増設。
平成 2年(1990)大学院工学研究科(博士課程(後期)システム科学専攻、修士課程応用化学専攻、機械工学専攻、電子工学専攻の4専攻)を設置。
教職特別課程を設置。
平成 4年(1992)工学部情報工学科、大学院理学研究科修士課程生物化学専攻を増設。
理学部応用化学科、機械理学科、電子理学科及び大学院理学研究科修士課程機械理学専攻、電子理学専攻、博士課程(後期)システム科学専攻を廃止。
平成 5年(1993)工学部応用化学科開発化学専攻、機械工学科産業機械工学専攻を応用化学科精密化学専攻、機械工学科機械システム工学専攻に名称変更。
平成 6年(1994)蒜山研究所、分析センター、中央研究センター、環境資源研究センター、低温施設を自然科学研究所、技術科学研究所、総合機器センターに改組。
平成 8年(1996)大学院工学研究科修士課程情報工学専攻を増設。
加計学園自然植物園を設置(4月)。
岡山理科大学ハイテク・リサーチ・センターを設置。
平成 9年(1997)総合情報学部数理情報学科、シミュレーション物理学科、生物地球システム学科、社会情報学科を設置。
平成10年(1998)岡山理科大学学術フロンティア推進拠点を設置。
平成11年(1999)理学部生物化学科に生物化学専攻、臨床生物化学専攻の2専攻を設置。
平成13年(2001)工学部福祉システム工学科、大学院総合情報研究科(修士課程情報科学専攻,シミュレーション物理専攻、生物地球システム専攻、社会情報専攻の4専攻)を設置。
工学部応用化学科精密化学専攻、機械工学科、総合情報学部数理情報学科を応用化学科生物・環境化学専攻、機械システム工学科、情報科学科に名称変更。
岡山理科大学自然植物園を設置(4月)
平成14年(2002)理学部応用物理学科に物理科学専攻、医用科学専攻の2専攻を設置。総合情報学部シミュレーション物理学科をコンピュータシミュレーション学科に名称変更。
平成15年(2003)総合情報学部社会情報学科に地域人間情報専攻、情報社会システム専攻の2専攻を設置。
大学院総合情報研究科博士課程(後期)数理・環境システム専攻を設置。
アイソトープ実験施設を設置。
平成16年(2004)理学部臨床生命科学科を設置。
平成17年(2005)工学部知能機械工学科を設置。
大学院工学研究科修士課程福祉システム工学専攻を設置。
大学院工学研究科修士課程機械工学専攻,総合情報研究科修士課程シミュレーション物理専攻を機械システム工学専攻、シミュレーション科学専攻に名称変更。
岡山理科大学オープン・リサーチ・センターを設置。
平成18年(2006)工学部応用化学科をバイオ・応用化学科に名称変更。
岡山理科大学社会連携研究拠点を設置。
加計学園医用科学教育センターを設置。
平成19年(2007)工学部生体医工学科を設置。
総合情報学部建築学科を設置。
工学部電子工学科を電気電子システム学科に名称変更。
平成20年(2008)理学部動物学科を設置。
大学院理学研究科修士課程臨床生命科学専攻を設置。
平成21年(2009)工学部工学プロジェクトコースを設置。
大学院工学研究科修士課程知能機械工学専攻を設置。
グリーン元素科学センターを設置。
平成22年(2010)留学生別科を設置。
平成23年(2011)総合情報学部建築学科を募集停止し、工学部建築学科を設置。
大学院工学研究科修士課程生体医工学専攻、建築学専攻を設置。
地球惑星環境科学研究センターを設置。
平成24年(2012)総合情報学部生物地球システム学科を募集停止し、生物地球学部生物地球学科を設置。
大学院理学研究科修士課程動物学専攻を設置。
QOLイノベーション研究センターを設置。
平成26年(2014) 創立50周年。
平成27年(2015)工学部生体医工学科を生命医療工学科に名称変更。
平成28年(2016)教育学部初等教育学科、中等教育学科を設置。
大学院総合情報研究科修士課程生物地球システム専攻を募集停止し、大学院生物地球科学研究科修士課程生物地球科学専攻を設置。
理学部応用物理学科医用科学専攻を臨床工学専攻に名称変更。
教育研究組織の教育開発支援機構を教育支援機構に名称変更。
教育支援機構に教学支援センター、教育開発センター、グローバル教育センターを設置。
教育研究組織に学生支援機構、研究推進機構を設置。
学生支援機構に学生支援センターを設置。
研究推進機構に研究連携支援センターを設置。
自然植物園を自然フィールドワークセンターに名称変更。
平成29年(2017)総合情報学部社会情報学科を募集停止し、経営学部経営学科を設置。
研究推進機構を研究・社会連携機構に名称変更。
研究・社会連携機構の研究連携支援センターを研究・社会連携センターに名称変更。
研究・社会連携機構にワイン発酵科学センター、恐竜学博物館を設置。