大学紹介

トップ > 大学紹介 > 理大っておもしろい!! > 理大っておもしろい---学生編Ver.5---

活動の場を広げ続ける動物学科のサークル「ZOOM」

安達さん

理学部動物学科 3年
代  表   清水 小波(しみず・こなみ)さん (中央)
副代表    三谷 綾香(みたに・あやか)さん (左)
副代表    山口 博正(やまぐち・ひろまさ)さん (右)

 「もっと動物園について話せる場所が欲しい!」という思いから昨年11月、動物学科の学生が集い、発足しました。名称は動物学を深めるという意味で、「Zoology」と「Zoom in」をミックスして付けました。
メンバーは現在15人。毎週木曜の夕方、A1号館4階・図書館に集まり、動物園や水族館に関するさまざまなテーマについてディスカッションしたり、これまで訪れた施設や参加した講演会、イベントなどについて報告したり、と熱心に活動を続けています。


「動物園と連携していく中心的な組織に」――清水さん

 また、近くにある池田動物園のクリスマスパレードに参加したり、開園記念イベントでは、池田動物園のアイドルで2016年この世を去ったインドゾウ「メリーちゃん」の骨格標本を見せて来園客に解説したりと活発です。今年は秋に池田動物園でサークル主催のクイズラリーも企画しています。

 ZOOM創設に奔走した清水さんは「動物学科がもっと動物園とつながり、連携していくための中心的な組織にしていきたいです」と力強く抱負を語ります。


早期卒業で大学院進学目指す――三谷さん

 「学部卒業後は大学院で、生殖学についてより深く学び、専門的な知識を身に付けたいし、学芸員、教員の資格も取りたいです」と話すのは三谷さんです。3年で早くも卒業研究に取り組んでおり、早期卒業制度を利用して大学院進学を目指します。「本来、4年生で行う教育実習、博物館実習を大学院1年生で受講することになりますが、しっかり研究をしつつ免許取得も目指します」ときっぱり。




世界を舞台にバードウォッチング――山口さん

 山口さんは、ZOOMの活動の合い間を縫って、バードウォッチングで日本中を飛び回っています。能登半島や近畿、九州の山々や干潟などに頻繁に通い、北海道、沖縄、海外への遠征も考えています。好奇心全開で、興味の対象は動物だけにとどまりません。プラネタリウムや、天体観測にも度々出かけ、1年生の春休みには一人で1カ月間、フィリピンへ語学留学。「フィリピンの島々で、バードウォッチングをしながら、現地の人たちと交流した経験は忘れられません」



 清水さんは広島県、三谷さんは三重県、山口さんは福岡県の出身です。理大の志願者は地元・岡山県がわずか22%。全国各地から集まった学生たちが、「半田山」に集い、思い思いの研究に取り組み、サークル活動に、学外活動に、と多彩なキャンパスライフを送っています。キーワードは「好奇心全開・探究心無限大」。それぞれの夢に向かって懸命に頑張っています。



twitter
https://twitter.com/zoom_ous


Instagram
https://www.instagram.com/zoom_ous