大学紹介

トップ > 大学紹介 > ディプロマポリシー(大学院)

2017年度ディプロマポリシー(大学院)

 
修士課程において、各研究科・各専攻の修了判定基準を充足し、以下の観点を満たした者に、各分野の修士の学位を授与する。
  A.専門分野の高度な知識・技術を修得し、それらを応用することができる。
  B.多様な自然や複雑化する社会の問題に大きな関心をもち、それらを認識・評価する能力を修得している。
  C.研究成果を学術論文や学会等で発表することができ、国際的見識を修得している。
  D.社会人として必要とされる豊かな学識、能力および倫理観を修得している。
   博士課程(後期)において、各研究科・各専攻の修了判定基準を充足し、以下の観点を満たした者に、各分野の博士の学位を授与する。
  A.専門分野の高度な知識・技術を修得し、自立して研究活動ができる。
  B.多様な自然や複雑化する社会の問題に強く関心をもち、解決する能力を修得している。
  C.研究成果を学術論文や学会等で正確に発表・自己評価することができ、高度な国際的見識を修得している。
  D.社会人として有用となる高度な学識、能力および倫理観を修得している。

ディプロマポリシー(大学院各専攻)