大学紹介

トップ > 大学紹介 > ディプロマポリシー(大学) > ディプロマポリシー(学部)

2018年度ディプロマポリシー(学部)

理学部(ディプロマポリシー)

 理学部では、建学の理念に基づき、人間・社会・地球環境に関する幅広い一般教養・社会常識・国際感覚を背景にして、真理に対する深い感動と畏敬をもって自然科学の基礎知識を習得し、社会で実践する能力を有する研究者、技術者、教育者等の養成を目標にして体系化されたカリキュラム編成を行っている。
この学習成果は、厳格に定められた単位認定制度に基づき単位を授与することにより評価する。前記の教育目標に沿って学習し、理学部が定める所定の単位を修得した学生に卒業を認定する。なお、学生が卒業までに求められる学習・知識・能力を次に挙げる。
 A .「理学部共通科目」の履修を通して、教養と社会常識をもち国際感覚に優れた豊かな人間性を身につけている。
 B .各学科の「専門科目」の履修を通して、数理・科学の真理探究の喜びを経験しながら専門の基礎知識を修得し、それを応用して課題を見出し解決することができる。
 C .情報基礎技術・プレゼンテーション技術などの社会参加の基礎技術及び倫理観を身につけている。

ディプロマポリシー(理学部各学科)


工学部(ディプロマポリシー)

 岡山理科大学のディプロマポリシーに基づき、工学部では教育目標に定める人材を養成するために、次に挙げる能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士(工学)の学位を授与する。
 A .工学の基礎となる数学や自然科学及び情報技術の基礎知識を修得し、それらを応用することができる。
 B .それぞれの専門分野における専門知識・技能を修得し、それらを応用することができる。
 C .幅広い教養に基づいたコミュニケーションを図り、国際化社会において異文化を理解し協働するために必要な語学力を身につけている。
 D .与えられた要求や課題を分析し、必要な作業を計画的に進め解決へ導く問題解決力を身につけている。
 E .論理的な思考力と記述力、コミュニケーション力を用いて、自分の考えを他者に的確に伝えることができる。
 F .社会の仕組みを理解し、技術者倫理にしたがって、地球的視野に立って活躍できる工学就業力を身につけている。

ディプロマポリシー(工学部各学科)


総合情報学部 情報科学科(ディプロマポリシー)

A−1 .コンテンツを開発するためのデジタルメディアに関する技術や方法論を修得し、それを利用したソフトウェアを開発することができる。
A−2 .情報科学に関する基礎的な技術を修得し、サーバシステムやモバイル機器上で動作するソフトウェアを開発することができる。
A−3 .統計的データ処理の手法を修得し、コンピュータを用いて大量のデータの中にある知識を発見することができる。
A−4 .解析学、代数学、幾何学等数学科目の修得し、論理的で数理的な思考をもとに、コンピュータを用いて問題を解決することができる。
B−1 .幅広い教養を身につけ、それらをさまざまな場面で活用して問題の解決にあたることができる。
B−2 .基礎的な情報科学や数理に関する知識を身につけ、それらを活用して問題解決に主体的・協働的に関わることができる。
C−1 .日本語を用いた文書作成能力、プレゼンテーション能力等の発信力を身につけ、コミュニケーションをとることができる。
C−2 .国際的な視野と異文化理解の素養を身につけ、外国語を用いたコミュニケーションをとることができる。
D .社会人としての一般教養を身につけ、情報科学を学んだものとして倫理を身につけ、社会に貢献できる。


生物地球学部 生物地球学科(ディプロマポリシー)

生物学・地球科学・天文学・地理学・考古学・古生物学に関わるフィールドワークを通して学際的な幅広い自然科学の基礎を習得し、地球環境問題をはじめとする、さまざまな課題にそれらを活用できる。
 A .生物学・地球科学・天文学・地理学・考古学・古生物学に関する幅広い科学の基礎知識を持ち、状況に応じてそれらを総合的に活用できる。
 B .適切にフィールドワークを実施でき、その際に遭遇するさまざまな問題を実践的に解決する能力を身につけ、得られる多様なデータを主体的に情報処理・解析し、それを整理して報告できる。
 C .自然や人間に関わることがらに真摯に向きあい観察・採集・計測・観測することができ、協働作業を通して、自立を尊び他人を尊重する能力を身につけている。
 D .絶えず変化する世界の中で自己と自らが置かれた状況を認識し、視野の広いグローバルな視点や歴史認識、倫理観に基づき、外国語による基礎的なコミュニケーションをとることができる。


教育学部(ディプロマポリシー)

A.小学校全科または中等教育の国語科・英語科の教科内容と指導法を修得し、教育実践ができる。
B.教職の社会的役割と意義を理解し、教育に関わることへの確かな使命感を理解した行動ができる。
C.各教科の教材を分析・開発し、ICT等を活用した効果的な授業展開ができる。
D.これからの教育のあり方について、グローバルな視野から考えることができる。
E.ボランティアやフィールドワーク等、体験活動を中心とした学びを通じて、社会に貢献できる。
ディプロマポリシー(教育学部各学科)


経営学部 経営学科(ディプロマポリシー)

A .経営学分野及び隣接・関連分野に関する基本的な知識を体系的に理解することができる。現代社会の
イノベーションを理解し、具体的な戦略を構築することができる。
B .人類の文化や社会と自然に関する知識を理解し、尊重することができる。
C .ビジネスパーソンとしての国際的視野と異文化理解のもと、コミュニケーションをとることができる。
D .ビジネスに関する問題発見・解決することができる。
E .ビジネスで必要とされる統計解析やデータ分析、ICT技術を活用することができる。


獣医学部(ディプロマポリシー)

A .科学的根拠に基づき動物に関する基礎的知識と技能を修得し、専門分野で活躍・貢献できる能力を身につけている。
B .獣医学知識や獣医看護学に関する専門知識を基盤として、ライフサイエンス分野、公共獣医事分野、医獣連携獣医分野/獣医療看護分野への応用力を身につけている。
C .専門知識を平易な言葉で伝えることができる。
D .獣医療に携わる者としての生命倫理、科学倫理、動物福祉に基づいた行動規範を身につけている。
ディプロマポリシー(獣医学部各学科)