大学紹介

トップ > 大学紹介 > カリキュラムポリシー(大学) > カリキュラムポリシー(学部) > カリキュラムポリシー(工学部)

2018年度カリキュラムポリシー(工学部)

バイオ・応用化学科

 教育カリキュラムは、専門教育科目、基礎専門科目、共通専門科目、コース専門科目、卒業研究、専門関連科目ほかで構成されている。これらの科目と卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)に示した各項目との関係は以下のとおりである。
 A .大学における学びへの適応を図り、化学と生物学を中心とした幅広い分野に興味・関心をもたせ、それらに関する知識・技能を習得する上で必要な、自然科学の基礎となる科目(基礎専門科目と共通専門科目の一部)を初年次から2年次にかけて配置する。これらの科目を履修することで、自然科学の基礎知識とこれらを応用する能力を身につけさせる。また、これらの科目は、学修の成果物(課題やレポート)や個々の学生の自己評価(アンケート)等を指標として総合的に評価し、これによって、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)を継続的に検討する。
 B .情報学の基礎となる科目(情報リテラシー、パソコン演習など)を初年次から、工学の基礎となる科目(化学工学Ⅰ・Ⅱ、工業デザインなど)を2年次に配置する。これらを履修することで、化学と生物学の知識・技能を工業技術に応用するための基礎知識と、コンピュータやネットワークを実際に利用するための技術を習得させる。これらの科目は、学修の成果物や個々の学生の自己評価等を指標として総合的に評価する。これによって、カリキュラムポリシーを継続的に検討する。
 C .コース専門科目を、主に、3年次に配置する。応用化学、バイオテクノロジー、アクアバイオ、コスメティックサイエンス各コースに合計20科目の選択科目を開講し、化学と生物学に関わる幅広い分野を興味に応じて学修させる。これらの科目を履修することで、幅広い専門知識を修得させる。一方で、希望する卒業研究に関連する専門分野に関しては、できるかぎり深く学ばせる。コース専門科目は、学修の成果物や個々の学生の自己評価等を指標として総合的に評価し、これによって、カリキュラムポリシーを継続的に検討する。
 D .初年次から3年次にかけて、フレッシュマンゼミ、基礎化学実験、数値実験とプレゼンテーション技法、バイオ・応用化学実験Ⅰ~Ⅳを配置する。これらを履修することで、与えられた課題に取り組むとともに必要な情報を自ら収集し、レポートとしてまとめ、プレゼンテーションするという、計画立案、論理的思考など、課題解決に関わる一連の基礎を修得させる。さらに卒業研究を通して、これまでに習得した技能・思考力を実際的に運用する能力を身につけさせる。これらの科目は、学修の成果物や個々の学生の自己評価等を指標として総合的に評価し、これによって、カリキュラムポリシーを継続的に検討する。
 E .科学者・技術者として、社会人としての倫理観をもたせるために、バイオ・応用化学における安全と倫理(基礎専門科目)を2年次に配置する。この科目は、学修の成果物や個々の学生の自己評価等を指標として総合的に評価し、これによって、カリキュラムポリシーを継続的に検討する。


機械システム工学科

 機械システム工学では、次のように連続性をもって、数学、物理学などの「基礎科目」から、「共通科目」、「材料」、「エネルギー」、「計測・制御」、「設計・生産」の各専門科目、さらに高度な専門科目である「機械コース」と「航空・宇宙コース」までに分かれて、体系的に科目群を配置する。
 A .機械システム工学の専門知識を理解し、活用するために、数学、物理学、情報処理技術の基礎科目を1年次から2年次を通じて体系的に配置する。教育にあたっては能動的学修の方法を適切に取り入れ、知識・理解・技能の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に検討する。
 B .新しい機械システムを創造し、また、機械分野の問題を解決する能力を養成するために、機械システム工学の専門科目を2年次から3年次を通じて体系的に配置する。これらの科目については、機械システム工学を構成する分野ごとの知識・理解の指標を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に検討する。
 C−1 .機械システム工学分野の知識と技能を修得するために、機械工学実験、加工学実習、機械のデザイン、創造PBLを配置するとともに、工場見学、インターンシップなどを実施する。教育にあたっては講義と実験・実習の連携を密にし、機械システム技術者としての基礎能力を養成する。これらの科目については、機械システム工学を構成する分野ごとの知識・理解の指標に加えて学修の成果物を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に検討する。
 C−2 .工学問題を発見し、自発的に分析・解決する能力、及び工学問題に対処する能力を養成するとともに、口頭発表や討議のプレゼンテーション技術向上のための科目を配置する。これらの科目については、機械システム工学を構成する分野ごとの知識・理解の指標に加えて学修の成果物を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に検討する。
 D .大学で共通に開講される英語科目に引き続き機械システム工学分野での基礎的なコミュニケーションに必要な英語を継続的に学習することができる専門英語を配置する。これらについては、客観的な知識・理解の指標を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に検討する。


電気電子システム学科

 学位授与の方針に掲げる基準を達成させるために、専門科目として基礎科目、共通科目、専門関連科目及び「エネルギー」「エレクトロニクス」「情報」の電気電子工学を構成する各分野に対応するための「コース専門科目」を体系的に配置する。
 A−1 .大学における学びへの適応を図り、電気電子工学分野への興味と関心をもたせる導入教育として学科独特の新入生学修プログラム、電気電子工学の学術体系を支える数学ならびに物理学の基礎的な事項を習得することのできる科目(基礎科目)、及び電気電子工学の根幹である電気回路に関する科目を初年次から2年次の春学期にかけて配置する。教育にあたっては講義と演習を適切に組み合わせ、自発的学習を促すべく工夫を行う。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 A−2 .コンピュータやネットワークの実践的な利用に習熟し、プログラミング手法を現実の問題解決に活用する力を養成するため初年次から実習を含めて情報通信分野に関連した基礎的科目を置く。教育にあたっては講義と実習の連携を密にし、実用的な技能を身につけることができるように配慮する。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて実習の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 B−1 .電気電子情報通信工学を支える基盤技術を理解できるように、電気工学・電子工学・通信工学・情報工学分野の基礎的科目(共通科目)を2年次から3年次を通じて体系的に配置する。また、専門科目の理論的知識の理解を助けるために、電気電子工学及び情報工学の基礎的実験、実習を配置する。教育にあたっては講義に能動的学修の方法を適切に取り入れ知識・理解の定着を図る。これらの科目については客観的な知識・理解の指標に加えて学修の成果物等を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 B−2 .電気電子情報通信工学分野のそれぞれの学問分野を発展させるためのより高度な専門知識を修得できる科目(コース専門科目)を3年次、4年次に配置する。また、実務技術者の素養を養成するため、電気電子工学分野の専門実験及び卒業研究を配置する。教育にあたっては講義と実験の連携を密にし、知識の実際的な運用能力の養成に配慮する。これらの科目については、電気電子工学を構成する分野ごとの知識・理解の指標、各種資格の申請条件充足数等に加えて学修の成果物、特に卒業研究論文を総合的に評価することにより教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 C .大学で共通に開講される人間・社会科学教育科目、科学技術教育科目に加えて資格取得に関する人文社会系の科目を配置し、教養の幅を広げるとともに総合的な判断力を身につけさせる。これらの科目については、客観的な知識・理解の指標に加えて、関連する資格の申請条件充足数等を総合的に評価することにより、教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 D .大学で共通に開講されるキャリア教育科目や工学部で共通に開講される就業力養成科目に加えて、学科独特の新入生学修プログラム及び卒業研究を通じて、社会と主体的・協働的に関わり、社会人として必要とされる知識・技能及び倫理観を身につけさせる。これらについては、学生の講義に対する主体的な取り組みをルーブリック等を用いて総合的に評価することにより、教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 E .大学で共通に開講される総合英語・発信英語に引き続いて電気電子工学専門分野でのコミュニケーションに必要な英語を継続的に学習させるために、専門英語を配置する。この科目については、客観的な知識・理解の指標、学修の成果物等の総合的な評価に加えて、外部の評価テストの状況なども参考に教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。
 F .大学で共通に開講されるプロジェクト科目に加えて、各種資格取得に必要な科目群をパッケージととらえ、応用的または発展的な知識・技能を体系的に習得させる。これらについては、客観的な知識・理解の指標に加えて、各種資格の申請条件充足数等を総合的に評価することにより、教育課程編成方針を継続的に評価・検討する。


情報工学科

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)
 ディプロマポリシーを保証するため、以下のような方針でカリキュラムを構成する。なおカリキュラムは、情報処理学会が策定した「情報専門学科カリキュラム標準」の内容に概ね合致させる。
 • コースごとのディプロマポリシーをそれぞれ達成できるように、コースごとにカリキュラムを定める。
 • 広い視野を持つために社会人としての一般教養を身につけ、環境、人間、社会、文化、国際関係などの側面から多面的に問題をとらえる能力を養成するために、1年次~3年次に人間・社会科学教育科目、キャリア教育科目及び外国語教育科目を配置する。また情報技術が社会に及ぼす影響や技術者の倫理的責任について考え、適切に行動できる能力を養成するために、専門教育や科学技術教育に対応する科目を2年次に配置する。教育にあたっては、教育支援機構の各センターと協力し、能動的学修の方法に取り組む。
 • 工学に必要となる数学や自然科学に関する知識を身につけ、それを応用できる能力を養成するために、1年次、2年次において基礎数学科目、物理学、電気回路を配置する。また広く自然科学への関心を喚起させ、多様な問題への対応を可能とするような素養を身につけるために、1年次~2年次にかけて科学技術教育科目を配置する。今日の多様化する入学生の資質を鑑み、専門科目への適応を促すために、数学・物理の入門科目を1年次に配置する。これらの科目では講義のみならず、演習を組込むことで、能動的な学修を促す。
 • 情報工学分野の専門知識を身につけ、それを応用できる能力を養成するために、基礎、専門共通、コンピュータシステム、コンピュータ応用、情報通信の各系列を設け、これらの系列に沿った科目を1年次より配置する。教育にあたっては、コンピュータ及び情報関連機器を用いた情報処理能力を身につけるために、1年次より継続的にコンピュータ機器を使用した実習付講義や実験を配置し、情報機器の利用とそれによる学習が可能なように配慮する。情報工学全般に必要な専門知識と応用能力を身につけるために、主に1年次、2年次において専門基礎科目を、2年次、3年次にコンピュータシステム、コンピュータ応用、情報通信の各専門系列科目を配置し、体系的に専門知識が身につくように配慮する。またこれら3系列分野に関連した内容で、限定された範囲で応用能力を養成するために、3年次に実験・実習科目を、4年次に卒業研究を配置する。
 • 情報工学の知識を応用して計画的に仕事を進め、社会の要求を解決できる能力を養成するために、1年次~3年次に関係する実験・実習科目を、また4年次に卒業研究を配置する。教育にあたっては、実験を計画的に進めデータを収集・解析し、結果をまとめる能力、社会の要求を踏まえて自ら課題を設定し解決する能力、自主的に学修を継続できる能力、チームで仕事をするための能力が涵養されるよう配慮する。
 • 適切な日本語で記述・発表・コミュニケーションができ、英語でも基礎的なコミュニケーションをとることができる能力を養成するために、3年次に専門教育科目としての実験・実習科目、4年次に卒業研究、主に1年次~2年次に開講されるキャリア教育科目、1年次以降、継続的に開講される外国語教育科目と3年次に専門英語を配置する。教育にあたっては、実験・実習科目やキャリア教育科目において日本語による記述力、発表力、コミュニケーション能力が身につくよう配慮する。また外国語教育科目においては、主に英語によるコミュニケーション基礎能力が身につくように教養教育センターと協力して取り組む。
 • カリキュラムポリシーについては、卒業研究のルーブリック評価や卒業時アンケート等の客観的指標を総合的に評価することにより継続的に評価・検討する。


知能機械工学科

1. 課程の体系の編成
  学科独自の科目体系として、学位授与の方針の項目A1、A2、A3に対応して「基礎科目(及び入門科目・上級科目)」「共通科目」「ロボットシステムコース専門科目」「アミューズメント工学コース専門科目」、B、C、Dに「ロボットものづくり実践科目」「卒業研究」を配置する。
  またB、C、Dについては「初年次教育科目」「外国語教育科目」「教養教育科目」の修得を通して、
基礎的な知識・技能、思考力・判断力等を身につける。
2. 科目群編成の特徴
 ◇ 基礎科目群には機械工学に関連する分野の基礎となる数学・物理学・情報技術に関する科目を配置する。本科目群においては基盤となる科目において初年次教育、多クラス開講等の施策を実施することで、各入試区分におけるアドミッション・ポリシーや入学後の学力多様化度調査の結果等を踏まえた配慮を実施する。
 ◇ 共通科目群には機械工学に関連する自然科学の基礎、設計・制御を学習する科目を配置する。また必要に応じ能動的学習の手法を取り入れ主体的な学びの態度を養成する。
 ◇ 機械工学の基礎的知識を踏まえ、個別の要素技術や認識科学と設計の科学・技術との関連を修得するために、ロボットシステムコース専門科目群、アミューズメント工学コース専門科目群を設置する。
 ◇ ロボットものづくり実践科目群においてはグループによる課題への取り組みを基本とし、課題解決のための実践的技能、工学的課題の解決の過程と手法ならびにそれに伴う協働性、主体性を養成する。
 ◇ 卒業研究Ⅰ、同Ⅱにおいては研究テーマの探求を通じて、自ら課題を設定し、それを計画的に実行・解決するための創造力と継続的な学習能力の養成を図ると同時に、セミナーや最終評価等における発表を通してコミュニケーションとプレゼンテーションの能力を養成する。
 ◇ 「初年次教育科目」「外国語教育科目」「教養教育科目」の履修を通じ、人間と機械及び社会との協調について、多面的・俯瞰的に考える能力、日本語及び外国語を用いてコミュニケーションする能力を身につけるよう指導を行う。
3. 評価方針
◇ 客観的な知識・理解の指標ならびに実習の成果物等を総合的に評価することにより、学科全体としての教育の効果ならびに各科目群の編成方針等を継続的に評価・検討する。


生命医療工学科

 本学科の教育カリキュラムは、多様な生物現象とこれに関わる機能などを通じて、遺伝子工学、電子情報工学、機械工学、材料工学、医工学、環境科学、再生医療工学などを実践的に学習するところに特色がある。生命医療工学の基礎を学習したのち、2年次から、生体工学コースと再生医療コース、臨床工学コースに分かれる。生体工学コースでは卒業後に医療機器などの開発や関連する基礎研究ができるように、再生医療コースでは卒業後に再生医療に関連する技術の開発や基礎研究ができるように、幅広い知識の獲得と工学的問題解決能力を身につける学習を行う。臨床工学コースでは臨床工学技士国家試験に合格し、即戦力として病院で活躍することを目標に、受験資格の獲得と臨床実習などによる実地体験学習を行う。


建築学科

 学位授与の方針に掲げる基準を達成させるため、以下に示すカリキュラムを設定する。教育課程編成・実施の方針については客観的な知識、理解の指標に加え学修の成果物を総合的に評価することにより継続的に改善を検討する。
 A .建築学の基礎となる数学や自然科学及び情報技術の基礎知識を身につけるため、「基礎科目」「共通
科目」を配置する。
 B .自発的に考えて行動できる能力とコミュニケーション能力を身につけるため、「設計演習」を配置する。
 C .国際化社会において必要な語学力を身につけるため「専門英語」を配置する。
 D .歴史文化や建築・都市を理解し、計画するための専門知識を身につけるため、「計画分野科目」を配置する。
 E .建築構造や力学理論を理解し、計画するための専門知識を身につけるため、「構造分野科目」を配置する。
 F .建築環境及び建築設備に関する専門知識を身につけるため、「環境・設備分野科目」を配置する。
 G .住環境について深く理解し計画するための専門知識を身につけるため、特に推奨する科目を配置する。
 H .建築学の特定領域の課題を解決する専門的・総合的能力を身につけるため、「特別研究」を配置する。


工学プロジェクトコース

科目体系の編成
 コース独自の科目体系として、ディプロマポリシーの項目A1.とA2.に対応して基礎科目(及びリメディアル講座・上級科目)を編成し、項目A2.、C.、D.に対応してプロジェクトセミナーやプロジェクトマネジメント、共通科目及び工学部全般の科目を配置する。項目B.にプロジェクト科目、卒業研究、「工学共通科目」を配置する。またC.、D.については「初年次教育科目」や「外国語教育科目」及び「教養教育科目」の習得を通して、基礎的な知識・技能、思考力・判断力等を身につける。ディプロマポリシー項目と具体的な科目群の詳しい関係は以下のとおりである。
科目群の編成
 A1 .自然科学や情報技術の基礎:基礎科目群には数学Ⅰ~Ⅳ、物理学Ⅰ・Ⅱ、物理学実験、基礎化学、基礎化学実験、コンピュータ演習、他学科基礎科目などを配置することで、自然科学・情報技術の基礎知識と技能を身につける。本科目群においては入試区分におけるアドミッションポリシーや入学後の学力多様化度調査の結果を踏まえたクラス分けや時間割の個別仕様化を実施する。また、学生の学力や興味や目的などに基づき、計画性をもって継続的に勉学できるよう、1~3年次春学期のチュートリアルⅠ~Ⅲを系統的に配置する。
 A2 .専門知識や技能:学生の興味や目的に応じたものづくりに必要な専門知識と技能を修得できる科目にはプロジェクトデザイン、プロジェクトセミナー、ものづくりに必要な基礎知識や技能の科目及び工学部の専門科目を配置する。
 B .問題解決能力と設計能力:プロジェクトⅠ~Ⅳの科目群ではグループによる課題への取り組みを基本とし、課題解決のための実践的技能、工学的課題の解決の過程と手法ならびにそれに伴う協働性・主体性を養成する。卒業研究Ⅰ・Ⅱにおいては研究テーマの探求を通じて主体的に課題を設定し、それを計画的に実行・解決するための創造力と幅広い課題に対処できる能力の養成を図る。
 C .記述力・表現力・コミュニケーション力:自らの考えを文章あるいは口頭発表で的確に伝える科目には、「初年次教育科目」や専門英語を含む「外国語教育科目」及び「教養教育科目」の履修を通じて人と科学及び社会との協調について学び、1~3年次春学期のプロジェクトマネジメントⅠ・ⅡとプロジェクトⅠ~Ⅳを系統的に配置する。
 D .倫理観と技術者としての能力:プロジェクトの管理・計画・実施方法などの技術者としての資質や技術者としての倫理観を修得できる科目には、プロジェクトマネジメントⅠ・Ⅱを配置する。
評価方針
◇ 客観的な知識・技能の指標として年次別及び科目群(A.~D.)別等のGPAによって、また継続的な学習評価指標として履修科目と修得単位数によって、コース全体の教育効果ならびにカリキュラムの編成等の評価・検討を行う。 【科目群:A1・A2】
 ◇ 実験・実習、プロジェクト及びプロジェクトマネジメントの目的を達するために、それらの能力の評価指標として、製作物、提出物、プレゼンテーション等を利用することで能力水準やその変化状況を総合的に把握・評価する。 【科目群:B・C・D】
 ◇ シラバスの「達成目標」に挙げた項目について、コース独自のアンケート項目を作成することで、授業アンケートで評価・検討を行う。 【科目群:A1・A2・B・C】