大学紹介

トップ > 大学紹介 > 社会貢献

社会貢献

 地域社会との連携や社会貢献は、大学の本来的な役割の一つです。大学には、保有する知的資源や人材を活用し、地域社会の活性化に貢献する使命があります。
 本学は、地域と共に発展する大学として、地域住民・産業界・行政機関・教育機関・NPOなど、さまざまな地域ステークホルダーと連携を密にし、地域に新しい価値を創出する活動を進めています。また、他の教育機関とも連携し、地域連携の中核的な役割を果たし、地域と共に持続的な発展を目指します。

産学官連携

 本学では他に先駆けて1999年に産学連携の専任部署を設置し産学官金連携を進めて来ました。2001年には本学の保有する研究シーズと地域産業界のニーズのマッチングの場として「OUS(岡山理科大学)フォーラム」を開催し、現在まで開催を継続しています。
 また、「リサーチパーク研究テーマ発表会」、「産学官連携推進会議」など、地域の行政機関が主催する連携の取組みに積極的に参加し、地元企業との連携を強めています。
 更に、文部科学省の支援事業など、地域社会とのコラボレーションによる研究や製品・サービス・技術を開発するプロジェクトも進めています。

研究・社会連携室   
技術科学研究所   
総合機器センター

地域貢献

 ミクロものづくり岡山推進協議会、ヘルスケア産業連携協議会など、地域の行政機関や企業と連携し、新技術の育成や新産業の創出による産業振興の取組みに参画しています。
 また、産業振興だけでなく、地域の課題解決や地域への関心・愛着を醸成する取組みをおこなっています。たとえば建築学科の研究室では、小田郡矢掛町旧山陽道における町並み及び歴史的建造物の価値を調査し、地域活性化のための建築物活用を岡山県へ提案しました。今回の調査・研究によって矢掛町は、旧山陽道沿いが特に高い価値を持った地区とみなし、「重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)」の選定を目指すことが決定されました。

大学間連携

 地域の大学・高専などの研究・教育機関が密に情報交換し相互に連携して地域の活性化を図る取組みを行っています。

「大学コンソーシアム岡山」
 岡山県内の17大学が教育による地域の活性化を目的とし、コンソーシアムを結成し相互協力を行っています。加盟大学で受講できる300以上の科目が単位互換科目として提供されています。

「中国地域産学官連携コンソーシアム」
 中国地方の28校の大学・高専が参加して、産学連携において積極的な取組みを進めています。

「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」
 「地域で学び地域で未来を拓く‘生き活きおかやま’人材養成事業」というテーマで、岡山県立大学が代表校となり、岡山県内の8大学と地方公共団体、企業等が連携して若者の地元定着率の向上を目指しています。また、本学はこの事業の参加校として、教育コンテンツ「岡山創成学」の開発協力に加えて、若者が地域へ就業する機会拡大のための「雇用マッチングシステム」の開発支援に取り組んでいます。

大学コンソーシアム岡山   

中高大連携

高大連携の一環として、高校生に本学の講義をインターネット遠隔授業で受講させ、それを本学や高校の単位と認める高大連携授業を実施するとともに、SSH実施校への審査員派遣、高校からの要望による出張講義への教員派遣をしています。附属高校、附属中学校には随時教員を派遣しており、科学ボランティアセンター主催の小~中学生向を対象とした「自然科学教室」「クリスマス★ミニレクチャー」も開催しております。また、高校生の学内見学は随時受け入れています。

出張講義について
科学ボランティアセンター   

市民公開講座

大学の使命である社会貢献の一端として下記の講座や催しを定期的に実施しています。
自然フィールドワークセンターが主催する「自然観察会」「吉井川エコツアー研修会」、自然科学研究所が主催する「夏休み親子自然観察教室」、科学ボランティアセンターが主催する「サイピア理大の日」、技術科学研究所が主催する「OUS技術セミナー」の開催等、市民の方を対象とした催しを開催しています。

自然フィールドワークセンター 
技術科学研究所