新着情報

トップ > 新着情報 > 「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」文部科学省事業に採択

「QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成」文部科学省事業に採択

2012/04/27 

最先端の研究や地域に根差した研究などの観点から研究プロジェクトを計画し、文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に申請していましたが、研究拠点を形成する研究に採択されました。
本プロジェクトは健康・高齢化社会に対応するライフ・イノベーションと環境・エネルギー問題に対応するグリーン・イノベーションという重要な技術を核とする研究拠点の形成を目的としています。

(採択された研究プロジェクト)
【QOL向上を目指す支援技術のイノベーション研究拠点形成】
生活支援機器と環境改善の研究に絞り、これらを融合して、QOL向上を目指す支援技術のための基盤技術を開発し、多様な応用が可能となる研究拠点を形成します。
このプロジェクトは、2つのテーマに分かれて共同研究を行います。
【生活支援機器によるQOLの向上】
ユーザーの多様な要求に応えられる高機能な生活支援機器を開発し、QOL向上を目指します。
【環境改善によるQOLの向上】
材料、エネルギー、工業装置、建物に関わる各種改善技術を開発し、広義の環境を改善することによりQOL向上を目指します。