新着情報

トップ > 新着情報 > 11月26日~28日に理大で「第59回高圧討論会」/一般が聴講可能な講演も

11月26日~28日に理大で「第59回高圧討論会」/一般が聴講可能な講演も

2018/10/25  学内トピックス

 鉛筆の芯(グラファイト)を高温・高圧の環境に置くことで人工ダイヤが出来ます。また、工業面での新素材開発をはじめ、高温高圧状態の地球内部に関する研究、食品・医療・生物への応用など多方面の分野で欠かせない高圧力技術――。その科学及び技術の研究と応用を促進することを目的にした日本高圧力学会主催の「第59回高圧討論会」が、11月26日(月)から3日間、岡山市北区理大町の岡山理科大学で開かれます。
 一般が聴講可能な講演もありますので、関心のある方はご参加下さい。

一般が聴講できるのは次の2講演で、入場無料です。
■11月26日(月)15:00~16:00 C1号館8階・理大ホール
 「昔、今、そして明日の高圧研究」
 講師:米田明・岡山大学惑星物質研究所准教授(地球科学)
    赤浜裕一・兵庫県立大学理学部物質理 学研究科教授(物質理学)

■11月28日(水)16:00~17:10 A1号館・2階A0122講義室(ビデオ中継)
 「獣医学の世界と高圧力の世界、その出会いを探る」
 講師:吉川泰弘・岡山理科大学獣医学部長(獣医と高圧力)
    山本和貴・農業・食品産業技術総合研究機構ユニット長兼プロジェクトプランナー(食品の殺菌と高圧力-人獣共通感染症のリスク低減に向けて)

    2016年に開催された「第57回高圧討論会」


<問い合わせ先>
メールで同討論会副実行委員長の森嘉久・岡山理科大学副学長(mori@das.ous.ac.jp)まで。

詳細は第59回高圧討論会のホームページをご参照下さい。