大学紹介

トップ > 学部 > 学部長からのメッセージ 理学部長 横山崇


今日まで、人類を取り巻いている自然を学び、解明しようとする自然科学は、たゆみなく発展し続けてきました。そして、現在から未来においても同様に発展し続けることと思います。「すじみち」や「ことわり」を意味する「理」の学部である理学部では、今日までに解明された自然科学の「すじみち」や「ことわり」を系統立てて学び、新たに解明すべき自然科学の「すじみち」や「ことわり」を精力的に研究しています。

本学理学部では、数理科学・自然科学の真理探究に強い関心をもつ人を求めており、真理の探究心を維持できる人材、科学の基礎知識をもち科学の諸課題を解決できる人材、科学の心を次世代に伝えることができる人材、人間・生命・社会・地球環境に関心をもち、その問題に配慮ができる人材を養成しています。

本学理学部は、1964年に岡山理科大学が開学して以来、岡山理科大学とともに現在まで歴史を刻んできた学部です。現在は、7学科と大所帯の学部となりました。理学部のある私立大学は数少なく、全国各地から学生が集まり多彩な人間模様を形成しています。

「応用数学科」では、「数学」と「情報」の2つの教員免許を取得することができ、多くの中学校、高等学校の教員を輩出しています。また、情報社会に広く貢献できる人材を育成しています。 「化学科」では、「バイオ有機薬品」、「環境分析」、「新エネルギー」の3つのコースに分かれて学びや研究ができ、「早期研究室配属プログラム」により3年次生から最先端の研究に携わることができるという特色があります。 「応用物理学科」では、「物理科学」と「臨床工学」の2つの専攻に分けて人材養成を行っており、さらに「臨床工学」専攻では、「医用科学」と臨床工学技士の受験資格が得られる「臨床工学」の2つコースに分けて、きめ細かい教育を行っています。 「基礎理学科」では、「総合理学」と「理数系教員」の2つのコースにより、「数学」、「理科」、「情報」の3つの教員免許を取得することができ、また、数学、情報、物理、化学、生物、地学を幅広く学ぶことが可能です。 「生物化学科」では、生物と化学を基礎に生命科学の学びや研究ができ、バイオサイエンスやバイオテクノロジーなどに必要な技術を習得することが可能です。 「臨床生命科学科」では、「食科学」と臨床検査技師の受験資格が得られる「臨床科学」の2つのコースにより、「医食同源」の旗印の下に研究や人材養成を行っています。 「動物学科」では、動物を野外で広く研究したり、実験・飼育室内でより精密に動物を研究することが可能です。また、比較的少人数の学科であり、学生に対し、きめ細かいケアが可能です。