役立つ情報を
あなたのポケットに!

その24:半田山のドン

▽問題の答▽
2.時刻を告げるため

この大砲を用いて、正午を知らせるために空砲を撃っていました。これを午砲(ごほう)といい、午砲が置かれていた場所を午砲台といいます。1871年、午砲の制が定められ、全国各地に設置、半田山には1908年に設置されました。午砲は、その音から「ドン」の愛称で親しまれていました。
復元は、岡山理科大学附属高等学校機械科によって企画され、岡山理科大学生物地球システム学科が午砲台跡の発掘調査に協力、2009年12月、高校生たちの手によって見事に半田山の遺構に復元されました。

提供:岡山理科大学
附属高等学校

解説を読む
問題を見る

ページTOP

[リンク]
栞の一覧に戻る
岡山理科大学(携帯)
岡山理科大学
kouhou@ous.ac.jp
086-256-8412
(c) Okayama University of Science