役立つ情報を
あなたのポケットに!

その21:バクの由来

コンピューターやゲームのプログラムが思い通りに動かないことを、バグ(虫)といいます。この言葉が使われ始めたのは1940年代で、名付け親は、グレース・マレー・ホッパーさんという女性研究者だといわれています。

ここで問題。

なぜ思い通りに動かないことをバグと名付けたのでしょうか?
1.プログラムを作るときに虫の夢をみたから。
2.虫が嫌いだったから。
3.コンピューターに虫が入り込み、動かなくなったから。

提供:総合情報学部
情報科学科
椎名広光先生

答を見る
解説を読む

ページTOP

[リンク]
栞の一覧に戻る
岡山理科大学(携帯)
岡山理科大学
kouhou@ous.ac.jp
086-256-8412
(c) Okayama University of Science