役立つ情報を
あなたのポケットに!

その20:消費者行動心理

▼解説▼
マーケティングの世界では「人間左回りの法則」とよばれ、動線は反時計回りの「左回りがよい」といわれています。動線を右回りから左回りに変えただけで、売上が10%伸びたお店もあるといわれています。例えばコンビニでは、入り口から左回りに、雑誌・飲み物・お弁当…などの売れる商品を配置しています。そのように配置した方が消費者の目に留まりやすく、よく売れるからです。
その原因はいろいろといわれており、栞の答えの他にも「私たちの体には右側に重い肝臓があり、バランスを取るため左に重心が移る習性がある」という説もありますが、これは左側には心臓や大きな胃もあるので???となります。あのディズニーランドもこの法則にしたがって作られています。
ただ、お化け屋敷やミステリーツアーなどは、逆で、右回りのもっている「違和感がある」「何となく気持ちが悪い」という性質を生かして、わざと右回りにしています。こんなところにも消費者行動心理を利用したマーケティングがいかされており、面白いですね。

提供:総合情報学部
社会情報学科
山口隆久先生

問題を見る
答を見る

ページTOP

[リンク]
栞の一覧に戻る
岡山理科大学(携帯)
岡山理科大学
kouhou@ous.ac.jp
086-256-8412
(c) Okayama University of Science