理大の栞理大50周年



その42[ビタミンCと美白]  解説

 

 “しみ”は皮膚の中に存在する色素細胞がチロシンとよばれるアミノ酸を酸化してつくりだすメラニン色素でできています。従って、抗酸化作用をもつビタミンCはメラニン色素の生成を抑制して“しみ”を予防する作用をもちます。レモン汁には豊富なビタミンCが含まれていますので、かつてレモンパックが流行ったことがあります。ところが、レモンの皮の中にはソラレンと呼ばれる物質が含まれ、これがレモンパックした際に皮膚の中に吸収されてしまいます。ソラレンを吸収した皮膚は、日光にあたった時だけ炎症を起こします。このように日光にあたった時に炎症を起こす物質は光毒性物質と呼ばれ、太陽光線に含まれる紫外線のエネルギーが光毒性物質の化学構造を変化させるために起こる現象です。

太陽光

 なお、紫外線は皮膚を構成する細胞の遺伝子(DNA)にも傷をつけて、“しみ”や“しわ”などの老化現象を促進する作用もありますので、若々しい健康な肌を保つためにも、過度な日焼けは避けるようにしてください。

 

提供:工学部バイオ・応用化学科 安藤 秀哉 先生

ページTOP

岡山理科大学 kouhou(atmark)ous.ac.jp 086-256-8412
Copyright (C) Okayama University of Science.