2016年4月から、岡山理科大学理学部応用物理学科医用科学専攻は、臨床工学専攻へ名称変更します。

2015/05/01更新

  • 応用物理学科 医用科学専攻では、これまで10年にわたり臨床工学技士をはじめ応用物理学に習熟した医用工学の専門家を養成してきました。卒業生は病院をはじめとした医療現場や医療機器メーカーなどで活躍しています。医用科学専攻は、臨床工学専攻へ名称変更し、これからも、物理学の知識を活かして医療に貢献する人材を育成していきます。

    ▼臨床工学専攻の特徴

    医療現場では様々な医療機器が治療や診断に用いられています。医療機器はもともと「物理学」の分野で用いられていた様々な計測技術や物理現象を人体に適応することで発展してきました。応用物理学科の臨床工学専攻では患者様へ安全な医療を提供するために物理学を基礎からしっかり学んだ臨床工学技士を養成します。


    ◆Q&A:臨床工学技士とは?

    チーム医療の一員として人工透析装置、人工呼吸器、人工心肺装置をはじめとする生命維持管理装置の操作を行う国家資格です。そのほかにもペースメーカ,除細動器,心臓カテーテルなどの治療機器業務や院内に数多くある医療機器が常に安全に使用できるように保守管理を行う業務を行っています。 外来でみかけることは少ないかもしれませんが、人工透析室、集中治療室、心臓カテーテル検査室、手術室などを中心に病院を支える医療スタッフとして活躍しています。

    ◆◆2つのコースを設置

    臨床工学専攻には臨床工学技士の資格取得を目指す「臨床工学コース」と医療機器の開発研究を目指す「医用科学コース」を設置し、病院だけでなく医療機器メーカーでも活躍できる人材を養成しています。コース分けは、本人の希望と臨床工学技士の国家試験受験に必要な科目の履修状況により決定されます。


    詳しくは、応用物理学科のHPへ


    お問合せ
    ┣電話番号:086-256-8412
    ┣メール(kouhou@ous.ac.jp
    資料請求

    携帯サイト
    TOP

    * * * * * * * * * * * * *
    岡山理科大学
    〒700-0005
    岡山市北区理大町1-1
    * * * * * * * * * * * * *
    (c) Okayama University of Science.