岡山理科大学 IB教員養成コース

FAQ

国際バカロレアの教員養成プログラムだから英語ができないとダメですよね?
日本におけるIB の導入拡大に向けて、文部科学省及び国際バカロレア機構の協力により、「日本語DP」の開発が進められています。これは、DP の一部の科目を日本語でも実施可能とするものです。本学が養成するIB 教員は、この日本語DP の教員です。「しかし、その手法は世界へとつながります。」
DP とは?
IB の教育プログラムは、生徒の年齢に応じて、 PYP(Primary Years Programme:3 ~12 歳)、 MYP(Middle Years Programme:11 ~16 歳)、 DP(Diploma Programme:16 ~19 歳)に分類されます。DP は高等学校に相当し、所定のカリキュ ラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績をおさめると、国際的に認められる大学入学資格(国際 バカロレア資格)が取得可能です。
日本でIB の普及は見込めますか?
はい。政府は、国際バカロレア機構と共同で開発する日本語DP を導入し、200 校の認定をめざしています。
そうした認定校での教員としての活躍を視野に入れて、当プログラムを展開します。
Subject は、数学と化学なのですか?
はい。教科に特化した講義は「DP 数学」「DP 化学」「DP 教育実践研究Ⅱ」となっています。教員としてIBDP 数学やIBDP 化学の専門家になります。したがってそれ以外の教科の免許の場合は、Basic を取得することになります。こちらはこれまでのIB 教員がそうであったようにIB ワークショップに参加して教科の技量を磨くことになりますが、IB 教育全般を学んでいるという強い優位性を持つことになります。それはIB 校ではもちろんですが、一般の学校においても採用時に利点となります。日本中の学校がIB に注目していますから、これを学んだ学生は大きな付加価値を持っているのです。
どの時点でコース希望を出すのですか?
2年次となります。基礎となる国際バカロレア概論は定員の20~25 名の枠にとらわれず履修可能となっています。Subject は高等学校教諭一種免許状「数学」と「理科」の取得予定者となります。追加の受講料等は不要で、実習や資格取得に伴う費用は実費負担となります。履修条件は、教員免許取得を目指す学生のうち、IB プログラムに強い関心をもつ学生であれば特別な要件は必要としません。
グローバル教育センターって何をするのですか?
センターの業務の一つに、全学のIB教育支援があります。専属の教職員を配置し、IB 教育の管理・運営を担当します。
アカデミックコーディネーター(現設置準備室長)の眞砂先生は、インターナショナルスクールとIB プログラムを共同実施の関西学院千里国際高等部でアドミニストレーターとして管理運営の経験を有しています。
今までのIB 教員は、どんな人がなっていたのですか?
今までは、海外からの招聘やIB ワークショップを通しての養成が中心でした。本学が設置する大学のIB 教員養成課程の修了者はCertificate(認定)を受けることになり、 基準を満たしたIB 教員として認定されます。IB が認定するので、世界基準の資格です。