ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲ ユキワリイチゲ
ユキワリイチゲは本州西部から九州に分布する多年草。丘陵地帯の山際、道の側などに生育する。3月に花を開く早春植物の1つである。花は薄く紫色を帯びている。花弁のように見えるのは顎片とのことで、花弁はないことになる。ユキワリイチゲの咲く頃は卒論や学会などで室内作業が忙しい時期であり、調査に出かける事が少ない。そんなわけでなかなか花に出会えなかったが、県北での会議の帰り、高速道路を使わずに所々でとまってみた。ほとんどの場所で花は終わってしまっていたが、一ヶ所だけ待っていてくれたようであった。
植物雑学事典|ユキワリイチゲのページへ 花の一覧へ戻る