4月の花|ヤマエンゴサク
image|ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサクは本州から九州に分布する多年草で、おそらく暖温帯域上部の夏緑広葉樹林の林床に生育する。地形的には底の広い谷であり、高木の葉の展開や夏草の繁茂に伴って夏眠する「春の妖精」の1つ。変種の関係にあるキンキエンゴサクによく似ており、区別しにくい。花は長さ15〜25ミリで4〜5月に咲く。色は薄い紫色であり、やや変異があるように思う。花はほぼ同じ方向を向いて咲き、草丈は10センチ程度で群生して花を咲かせる様子は美しい。
写真:津黒高原
植物雑学事典|ヤマエンゴサクの紹介ページへ 花の一覧へ戻る