5月の花|ウツギ
image|ウツギ
ウツギは北海道、本州、四国、九州に生育する落葉の低木。林縁や雑木林、崖、畦などに生育する。和名は「うつろな木」の意味であり、茎の中心に穴が開いていることに由来する。ウツギの花が「卯の花」であり、♪卯の花の匂う垣根に〜♪と歌われている。花は5月の中ごろから咲き始め、山地では6月の終わり頃まで花が見られる。注意してみると、10本ある雄しべの花糸が幅広く、翼状になっている。このような形の雄しべはこの仲間の特徴らしい。ジックリ観察するとなかなか面白い形の花である。
写真:新見市神郷
植物雑学事典|ウノハナ(ウツギ)の紹介ページへ 花の一覧へ戻る