7月の花|ツユクサ
image|つゆくさ
ツユクサは日本各地に生育する一年生草本。やや湿った空き地や路傍などに生育し、節から根を出しつつ枝分かれして広がる。可憐な花ではあるが、雑草としては厄介な植物でもある。ツユクサの和名は、「梅雨草」と思えそうではあるが、実際には梅雨時には開花せず、実は「露草」である。初夏から初秋にかけて涼しそうな花を開く。古くから青の染料に利用されてきた。
写真:学内
植物雑学辞典|ツユクサの紹介ページへ 花の一覧へ戻る