タチツボスミレ
image|タチツボスミレ
タチツボスミレは北海道から沖縄まで、ほぼ全国の山地に分布する多年草。国外では朝鮮半島付近の島々に知られるのみであり、分布上からも個体数からも日本を代表するスミレと言える。花期は3月上旬から5月下旬。早春の林内を散策していて、最も目に付くスミレは本種ではないだろうか。岡山県内の山地林内で見かける代表的なスミレは、本種のほかにナガバタチツボスミレ、コタチツボスミレがある。県南部の山林では、尾根部から斜面部の林内にコタチツボスミレが、山麓の林縁部にタチツボスミレがそれぞれ生育するようである。
写真:吉備中央町
植物雑学事典|タチツボスミレのページへ 花の一覧へ戻る