ショウジョウバカマ
image|ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマは北海道・四国・九州、樺太・朝鮮に分布する多年草。落葉広葉樹林の道ばたや湿原の周辺などのやや湿潤な場所に多い。葉は光沢があってヘラ状の葉であり、重なり合って地表面に広がり、ロゼットを形成する。4月から5月にかけ、ロゼットから20センチ程度の花茎を出して紫紅色の花を咲かせる。
写真:津黒高原
植物雑学事典|ショウジョウバカマのページへ 花の一覧へ戻る