セツブンソウ
image|セツブンソウ
セツブンソウは本州の関東地方以西に分布する、高さ10センチほどの小さな多年生草本。山地のブナ林など、落葉広葉樹林の林床に生え、石灰岩地を好む傾向がある。和名は節分の頃に花をつけることに由来するが、山地での開花は3月上旬となる。セツブンソウは、ほかに花の無い時期に小さく可憐な花を咲かせることから、愛好家の間ではかなり採取の対象とされているようである。確かにもって帰りたくなる気持ちもわかるのですが、季節を感じながらセツブンソウに会いに(途中の道の駅で買い物しながら)行くのもなかなか楽しいですよ。
写真:備中町
植物雑学事典|セツブンソウのページへ 花の一覧へ戻る