11月の花|ススキ
image|ススキ
オミナエシは秋の七草の一つである。名前の「オミナ」は「美しい女性」の意味であり、同属のオトコエシに比べて弱々しいからである。「エシ」の意味は不明であるという。子供の頃にはままごとでこの花を器に盛ってご飯(黄な粉ご飯)に見立てていた。ご飯の意味でも良いのかもしれない。漢字では女郎花と書く。全国の草地や林縁に普通な植物であったが、近年は少なくなった植物の一つである。夏から秋にかけ、長い茎を出して花を咲かせる。
写真:哲多町
植物雑学事典|オミナエシの紹介ページへ 花の一覧へ戻る