7月の花|ナデシコ
image|なでしこ
最近は野山でナデシコの繊細な花を見ることが少なくなった。野生のナデシコは「大和撫子」といいたいところだが、カワラナデシコという名前が付いている。山地や河原、土手などの刈り取りが行われる草地に生育する。昔、旭川では大群落が見られたが、最近は少なくなってしまった。花は7月の中頃から咲き始め、10月頃まで長い期間咲いている。秋の七草の一つであり、夏というより初秋を感じさせる。
文:山陽新聞連載「この時期の岡山の花/7月」|写真:鯉ヶ窪湿原
植物雑学事典|カワラナデシコの紹介ページへ 花の一覧へ戻る