11月の花|ススキ
image|ススキ
イタドリは大きくなる多年生草本で、高さ2m近くにもなる。茎は太く、中空で春に出始めた茎を折り取り、生食したり、漬け物にしたりする。「すかんぽ」とか「かっぽん」などと呼ばれたりもする。北海道西部以南の日本各地に分布し、朝鮮・中国・台湾にも分布する。初秋から枝には小さな白い花をたくさんつける。秋のお月見の頃に花が咲き、花の色が紅色を帯びるものをベニイタドリ(名月草)と呼ぶが、花の色にはさまざまな段階があるようである。
写真:美咲町
植物雑学事典|イタドリの紹介ページへ 花の一覧へ戻る