12月の花|ヒイラギ
image|ヒイラギ
ヒイラギは、福島県以西の本州、四国、九州から沖縄、台湾に分布する常緑の低木である。和名は「柊」であり、葉の棘がささるとズキズキするほど痛いという意味の古語である「ひいらぐ」に由来するという。
11月から12月はじめの初冬に、直径5ミリほどの白い花を咲かせる。キンモクセイなどと同じモクセイ科の花であり、良い香りがある。
植物雑学事典|ヒイラギの紹介ページへ 花の一覧へ戻る