10月の花|あきのきりんそう
image|アキノキリンソウ
アキノキリンソウは日本全国に生育する多年生の草本。草原から明るい森林に生育する。和名は秋に咲く麒麟草であり、花が美しいのでベンケイソウ科のキリンソウにたとえたものという。別名をアワダチソウといい、花が泡立つように咲くとの意味である。花は8月から11月に咲き、頭花の直径は12〜14ミリ。花が咲くとアキノキリンソウであることはわかりやすいが、花茎がない状態では手がかりが少なく困る植物の1つである。
写真:奥津
植物雑学事典|アキノキリンソウの紹介ページへ 花の一覧へ戻る